自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

91日目:好き嫌いはしょせん偶然だから全力で自分を表現しよう

 

今回のテーマは「ありのままの自分を表現しよう」です

 

まるでアナ雪のようですね

 

 

 

 

今回の内容はこれまでこのサイトで繰り返し言ってきている事ですが

 

人から嫌われる事を恐れずやりたい事をやり、言いたい事を言おうという内容です。

 

 

再三伝えてきた事をまた言うの?と言う気持ちにもなりますが

 

でも「ありのままの自分を表現するとはかなり難しい物です」

 

やりたい事をやりたいと言う、言いたい事を言う

 

こう言うとただ傍若無人な遠慮を知らない人

 

みたいなイメージを持ちますよね

 

 

でも本質はそこじゃない

 

 

 

 

自分を表現するって勇気がいる事

 

 

 

例えば
仕事で無理難題を押し付けられたとしてそれを断る

 

これも勇気のいることです

 

でも、今自分がやっている仕事に上司からダメ出しがあって改善を要求された時に、自分の実力不足を認めて「できません」って言うのも勇気がいります

 

この時嘘ついて出来ないっていうのは無しですよ。基本的に自分に嘘ついても良いこと無いですから。「ありのまま」を表現するってことは良いところも悪いところも全てです

 

自分の駄目な所を認めるのは辛い事です。更にそれを相手に伝えるのはもっとシンドイ事です。

 

でも、それを伝えないと先には進めないのです。それが自分を偽らず表現すると言う事です。

 

更に

 

そこから、「その仕事が出来るようになりたい」と言う要望が自分の中にあるなら、それを伝える事も勇気がいるけど伝えていかなきゃそこで止まってしまう。だから、その時はそう伝えた上でどうしたら良いかアドバイスを求めると言う行動に繋がるのです

 

 

 

その目の前に有る事象を自分がどう対応できるのか、どう感じたのかを相手に伝える事。
出来ない物を出来ないと答える「だけ」で無くて。
それに対して自分がどう考えているのかも伝える

 

 

こう言う日常のありとあらゆる部分で恥ずかしがらずに自分の感情を伝える。意識しないと埋もれてしまいそうな自分の希望を探して行く。

 

 

これがやってみると思っている以上に難しい。

 

 

見栄を張らず、等身大の自分を伝えるのは恥ずかしいからかなり練習が必要だと思います。

 

 

ただ、少なくとも自分を本当より良く見せようとするのを止めましょう。

 

 

まずはそこから始めてから、少しづつ自分が何をどうしたいのかを伝えて行けるようになりましょう。

 

 

 

また今は例で仕事の話を挙げましたが、実際には家庭の中でも同じです。

 

自分がどんな事を普段感じているのかを恥ずかしがらずに伝える。

 

夫婦仲が悪くなっているのであれば、夫婦で話す時間が作れた時に「あの時、こんな事があった時に僕は凄く寂しいなと思ったんだ」と伝える。

 

他にも
「もっと優しくして欲しいなと思ったんだ」
「こんな事をしてくれたり時凄く嬉しかったんだ」

 

と言うように、自分の気持ちを恥ずかしがらずに、相手に伝えると人間関係は凄く良くなります。

 

この時

 

大事なのは表現するだけでそれを受け入れてくれるかは相手に委ねる事。

 

 

気持ちを伝えた後に「だからこうするべきだ」とエゴを押し付けてしまうと全ては台無しです。

 

あくまで自分が何をどう感じたのかを表現するだけで良いのです。人それぞれ価値観は違うものですからそれを他者が変えようとしても無駄です。むしろ反発されるだけです。

 

 

自分がどんな人間なのかを伝えた後の判断は相手に任せるしか無い。

 

 

「こんな事で辛いなと思ったんです」と相手に打ち明けたとして、うざいしキモいなと思われるかも知れないし、じゃあもっと優しくしてあげようと思ってくれるかも知れない。

 

それは言って見ないとわからないものですし、結果は受け入れるしか無いものです。

 

 

 

嫌われたからといってあなたが悪いわけでは無い

 

 

結果として嫌われてたとして

 

それはあなたが悪かったのでしょうか?

 

 

いえ、相性が悪かっただけです。

 

 

相手があなたという人間を好きになることが出来ない人だっただけであなたが悪い訳ではない。

 

相手の好みのタイプとあなたの性質が違うだけ

 

恋愛と一緒です。

 

 

相手が面食いなだけだったのかも知れません。

 

 

だから気にする必要はないのです。

 

 

ただ、残念だなと感じるだけで十分です。

 

 

 

人間関係っていろんなパターンがあると思います。

 

夫婦、恋人、友人、上司と部下、先輩と後輩、親と子

 

全てのパターンでそうなんです。

 

 

相手がただ自分に合わなかっただけ

 

ただそれだけのことだから相手が自分を好いてくれなかったとしても気に病む必要はありません。

 

 

無駄だから

 

なんせ「たまたま」だから

 

偶然タイミングと相性のいい異性に出会ったら付き合ったり、結婚したりするかも知れない。
たまたま子供が嫌いな親の元に生まれたら嫌われるかも知れない。
すごく高圧的な上司の元に配属されても相性が良くてすごく可愛がられるかも知れない

 

 

全部たまたまだから
偶然です。

 

 

 

だから嫌われたからって気にする必要はない

 

 

 

そんなわけで勇気を出して自分を表現してみましょう

 

次は
92日目:色んな幸福を受け取れる人と受け取れない人の違い
です

よろしければシェア、フォローお願いいたします。

私の活動はブログとTwitterがメインです

スポンサードリンク