自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

97日目:運をも味方につけるぼんやり力を鍛える

 

 

 

 

良いも悪いも無い世界で曖昧さを許容しよう
努力する必要もない

 

 

この二つはこのサイトで話をしている「根拠のない自信」を得るためにかなり重要な要点です。

 

ですが

 

 

 

この事実を簡単に受け入れられる人はいないのではないでしょうか

 

 

 

 

私たちは努力するのが美徳だと教えられてきたし、周りの人もそうやって生きている。

 

良い事だから努力するし、悪い事だからしないでいようと思う。

 

楽しいことは良い事だし、シンドイことは悪い事だと思う

 

 

 

 

生まれてきてずっとそうやって来たのだから

 

 

 

 

だから私たちは理想に向けて努力することを止められない

 

そう簡単にその固定観念は変えられない

 

これは仕方がないことです。

 

 

 

私自身受け入れるのにずいぶんと時間を費やしました。

 

 

 

私がこの事実を受け入れる切っ掛けになった話があります。

 

 

 

 

運命

 

 

 

と呼ばれる物の存在

 

 

私は元々努力至上主義の人間ですので運命という言葉が大嫌いでした。

 

 

 

全ては決まっていてそうなるようにできている。

 

 

 

そんな運命などという物があるならば私たちは何のために努力し、何のために苦労しているのかと思っていました。
どんなに苦労しても結果が決まっているならば何をする必要も無いじゃないかと憤りすら覚えるレベルです。

 

 

 

今だから言えるのですが

 

 

 

実はその通りです
私たちは努力する必要はないし、運命にあらがう必要すらない。

 

 

 

ここで理解しておきたいもう一つの法則がある

 

 

 

それは

 

 

自力という物がそもそも存在しない

 

 

という事実です。

 

 

 

全ての選択は自分以外の人たちの意志の積み重ねによって作られている

 

 

 

 

私たちは「今の生活を自分の力で築き上げてきた」と思っています。

 

 

 

これは勘違いです。

 

 

大学に通って勉強し、自分で合コンに参加して恋人に出会い、勇気を出して交際を申し込んだり、嫌な事も我慢して仕事をしてお金を稼いだり、全部自分でやってきた事だと思っているはずです。

 

 

嘘です。

 

 

だってそもそもあなたが学校に通おうと思ったのは何故でしょう?

 

親や周りの教師や、そうした方が良いよとか、「周囲の情報」を得てそう思ったからですよね。

 

 

周りの人がそう言わなければそもそもそんなことをする事も無かったし周囲にそう言う情報があるという状況そのものがあなたの意思で発生したものではありません。

 

 

あなたが自分で選択して学校に通ったという事実は周りの影響を受けている以上自分で選択した事にはならない。

 

 

周りの何かに選択させられていたという認識が正しいのです。

 

 

今、恋人がいる人もアナタがその相手を選んだと思っているかも知れませんが、その人がその日その場所にいなかったら、あなたはその人を選ぶことすらできなかったのです。

 

 

もっと言えば

 

 

あなたがその場所にいたことですら、大学に通おうと思わせてくれた人や交通機関を作ってくれた人や、親や、教師や全ての人が行動した結果で奇跡的にたまたまその日その場所にあなたは居たのです。

 

 

あなたがその日その場所に行くと考えるように目に見えない大きな流れがそうし向けてきただけなのです。

 

 

過去から現在に至る全ての物事が一つでも欠けたらあなたはその合コンに行かなかったことでしょう。

 

 

 

今、私がこのサイトの記事を書いている、この作業すら私自身がこういう作業を楽しめるように育てられただけで私が自分で選んだ訳ではありません。

 

 

確かに私が作ったサイトだけど、私が作りたいと思わされるように仕向けられていたという事。それは親の教育のせいかも知れないし、周囲の環境のせいかも知れない。その親を教育したおじいちゃんおばあちゃんのせいかも知れない。すべての流れが僕が今このサイトを作るように仕向けていたのです。

 

 

結果、全てはたまたまなんです。

 

 

本当の意味で自分で何かを選択し、成しえたことなんて存在しないのです。

 

 

確かに努力して得た物はあるかも知れないけど、努力するように仕向けられていただけだし、努力出来る人に育てられただけの話。

 

 

それはあなたが成しえたことでは無いのです。

 

 

 

つまりこれを運命と呼びます

 

 

 

運命なんて言うととっても大仰な感じがしますが・・・

 

 

 

つまりたまたまです。

 

 

偶然なのです。

 

 

世界のすべては偶然で出来上がっている。

 

 

だからしゃにむに頑張っても、頑張らなくても結果は変わらんのです。

 

 

 

だから私はいつも言っているのです、努力する必要はないし、苦労をする必要もない。

 

 

自分からしようとしなくたって必要ならさせられるし、気が付いたら誰かのために苦労してると思うのです。

 

 

 

つまりどの道、苦労や努力をさせられるのであれば自分からやりに行く必要ありますか?という話です。

 

 

 

仕事したくね〜な〜と思っていたとしても、面白い仕事に出会ってしまったらどうしたってやっちゃうよね?

 

恋人に貢ぐようなバカなマネしたくないよね〜と思っていてもすごい好きな人できたらやっちゃうよね。恋はハリケーンですもん。

 

 

ニートとか自分の意志で引きこもってると思ってるかも知れないけれどそうじゃないし。引きこもらされてるだけだし。世界がニートを外に出さないように仕込んでるだけだから。

 

 

 

 

自力で何とかしてやろうはとっても傲慢

 

 

 

そもそも「自分の力だけで何とかしよう」と言う考え方はとても傲慢です

 

私達の社会は自分では出来ない事を他人にやってもらい、お互い支え合うように設計されています。

 

それなのに自分の力だけで何とかしようというのは他者を信頼していないと言うことです。

 

 

実は私達の社会は「信頼100%」で出来ています

 

 

道を歩いている時暴漢が襲って来ないだろう
車を運転している人は交通ルールを守るだろう
相手が約束を守ってくれるだろう
日本円には価値があると皆が思っているから取引が成立する

 

と言うように自分以外の人を信頼していないと確実に生きていけないように出来ている。

 

出ないと買い物は成立しないし、外を歩くことすら危険で出来ない筈です。

 

 

自分の力でどうにかできる事などほぼ存在しないのです。

 

 

 

 

運をよくするぼんやり力

 

 

 

この話に関係することで「運」という要素についても話をしましょう。

 

みんな運の良い人に憧れますよね

 

 

運を良くする方法が一つだけあります。

 

 

 

それは運命に身を任せることです。

 

 

 

いや~どんどん怪しい宗教のようになってきた(笑)

 

 

 

そもそも運とは何かというと

 

自分が関与していない結果のことです

 

 

 

自分の行動で制御出来ないことを運と呼ぶ。

 

 

 

このことから考えると自分で運を良くしようと行動した場合、運を制御しようとしている時点でそれは運ではなくなる。

 

 

自力100%になるのでむしろ運は悪くなる一方です。

 

 

結局、運を良くする行動など存在しないという意味なのです

 

 

運が良くなるブレスレットやアクセサリーなんて買っても仕方がないのです。まぁ経済が回るから良い事と言えば良い事なのかも知れませんが。

 

 

 

さて、もちろんここまでの流れでお気づきの人もいると思いますが、そもそも自力なんてものは存在しないと豪語し続けてきました。

 

 

つまり私たちは最初っから運100%で生きている訳です。

 

 

最初っから私たちは超ラッキーなのです。

 

 

確かに言われてみたら安全な場所に生まれ落ち、命の危険のない環境で親に育てられて生きてこれました。この時私たちが何かをしたかと言われると特に何もしていません。

 

 

確かに超ラッキーです。

 

 

 

ですがそこに自力で何とかしてやろうという成分を加えていくと運の比率が下がる。

 

 

つまり運命に逆らおうとすると運勢が下がる訳ですね。

 

 

運を良くしたいなら赤ちゃんのようにあるがままを受け入れてみなさいということです。

 

 

つまりぼんやりしていれば良いのです。

 

 

 

 

一番大事な指針は直観

 

 

 

「自力」を止めるという事

 

 

自力が存在しない以上私たちにできる事などない

 

 

じたばたしても結果は変わらないかも知れない(変わるかもしれない)

 

運命に身を任せていれば良いという結論に至る

 

 

 

・・・

 

 

 

そうは言われてもね〜・・・

 

 

となりますよね。

 

 

みんなどうしたらいいのかわからなくなるでしょう。

 

 

神様に祈りでも捧げつつ日がなぼーっとしていれば良いのでしょうか?

 

 

心の底からアナタがそれを望むのであればそうすれば良いのではないでしょうか。その生活で本当に楽しいと感じて幸せを感じられるならエコでとっても良いと思います。

 

 

そう思えるならおそらく運命とやらがそう思えるように仕組んでくれたのだと思います。

 

 

 

でも、別に僕ならそんなの楽しくもなんともないし、なんかしたくなりますよね。

 

 

筋トレもウクレレの練習も楽しいし、仕事しつつ人と関わり会うのも楽しいです。家族と一緒に遊ぶのも楽しいし、たまに家でダラダラするのも楽しい。こうやってサイトを作ったりするのも楽しいし、人におせっかい焼くのも楽しかったりする。

 

つまり私の場合はそう言う事が楽しいと思えるように仕組まれてきた訳です。

 

それをやれと言わているようなものです。

 

 

そうやって僕が行動を起こすことで誰かのやる気を刺激することもあるだろうし、誰かの生活を支えることにもなるでしょう。

 

 

そうやって運命は廻っていく

 

 

 

つまり

 

やりたいことをやってればいいという、いつもの結論に至るのです。

 

 

 

 

やりたくないことでも我慢してやるのは運命に逆らう行為だしとても傲慢です。

 

 

 

行動の指針は常にワクワクするかどうか、心が動くかどうかです。

 

この指針に従っている以上は大きな流れに沿って生きることになります。

 

素直に流れに沿って生きる。

 

 

これが大事です。

 

 

 

ちなみに辛いことやシンドイことを我慢して努力するのが楽しくて楽しくて仕方がない人はドンドン努力したらいいのです。

 

僕の筋トレなんかはまさしくこの類のものです。

 

 

 

冒頭でも言っていたように

 

私たちは努力する必要はないし、運命にあらがう必要すらない

 

 

 

 

素直に生きていると勝手に努力したくなるように仕向けられてしまうし、運命にあらがわない方が楽しかったりします。

 

 

ここには量子論の考えも含まれますが、結局私たちの目の前に広がる世界は自分の見たい世界が広がるようにできています。

 

 

それが量子の世界の物理法則だから。

 

 

そもそもの世界の流れとやらを決めているのは自分だという事。

 

 

自分で決めて引いたレールを自分で守って進めば自分の理想にたどり着くようにできているのです。

 

 

 

だからいいかげん素直になって楽しんだらいいのです。

 

 

本日のワーク
「直観に素直になって流れに身を任せよう」

よろしければシェア、フォローお願いいたします。

私の活動はブログとTwitterがメインです

スポンサードリンク