自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

99日目:人生を味わう

 

 

このサイトの大前提として私が掲げている物がある

 

それは本当の自信とは己の価値観を認め、アイデンティティの確立する事であるという事。
自分の中に一本の柱を持つことで私たちはそれをもっていなかった時とは全く違う強さを手に入れることができます。

 

 

私たちは何のために生まれ、何をするために生きているのか。

 

 

それがわからないからこそ、私たちは不安になり、余計な情報に流され、恐怖するのだ。
自分の軸がブレてどうしたらいいのかわからなくなる。

 

 

 

何のために生まれ、何をするために生きているのか

 

 

 

ある程度の年齢を重ね、色々なことに悩み考えてきた結果私にも分かってきたことがある。

 

それは

 

 

私たちが生まれてきたことに特に意味は無いし、私たちがすることに大した意味は生まれない。

 

 

たまたま生まれ、たまたま生き残り、なんとなく死んでいくのだ。

 

 

これが自然の摂理だ。

 

 

こんなことを言うとずいぶんひねくれた人間のように感じるかも知れない。
もしくは、寂しい人間のような感じも受けるかも知れない。

 

 

しかし、私たちの人生には意味などない。ならばなぜ私たちは生きているのだろうか?

 

 

命をつなぐ作業すら大した意味もなく
私が今すぐ死んだからと言って世間が大きく変わるという事も無いだろうし、逆に私が誰かを殺したからと言って一時的に話題にはなるだろうが、最終的に世界はつつがなく進んでいくだろう。

 

 

では、私たちはなぜ家族を愛し、隣人との交流を深め、命を繋ぎ、何かを成そうとするのか

 

 

それは

 

 

人生を味わうため

 

 

なのではないかと私は思う。

 

 

 

 

意味のない人生だからこそ

 

 

どこまで行っても私たちの人生とは自己満足の世界から抜け出すことが出来ないのだと思う。
量子の世界でも私たちの世界は私たちの認識できるようにしか認識されない。
自分の世界とは自分で作る物なのだ。

 

愛の中で生まれ、苦労と挫折を味わい、人を愛し、次世代へとそれらを継承していく、そして星の寿命が尽きるまでそれが続く。とても素敵なことだと思うが、それでもその流れにいったい何の意味があるのか私たちにはわからない。

 

意味があるのか、無いのか。わからないから自暴自棄になって全てを捨ててしまえばいいだろうか?動きを停めてしまえばいいのだろうか?

 

それも嫌だよね。

 

日々の生活の中では辛いことがいっぱいあって、我慢しなくてはいけない事も多い。そういう辛いことを乗り切りたい時私たちはどうしてもその人生に意味を見出したくなる。

 

こんな高尚な意味がある人生だからこそ頑張るのだっと
しかし、人生には意味はない。

 

 

実はみんなそんな高尚な事を考えて生きているわけでは無い。

 

 

複雑に考えて行くとなんだか頭でっかちになっていってしまうが、結局みんな自分の人生を楽しむ事だけを考えて生きているのだ。

 

だって別に意味なんてなくても私たちは生きていけるから。

 

意味がないという事は、逆に言えば何をしても良いという事だ。
楽しく生きても良いし、破滅的な生き方をしても良い。なんなら自殺したっていい。

 

でも

 

 

 

どうせ意味なんてないなら楽しく生きていきたいと思う。

 

 

 

それは刹那的な快楽を追うという意味ではなく
自分の周りにいる人を愛し、愛され、自分の楽しいと思える事をやり、人から認められ生きたいと思う。

 

その方が楽しいから

 

そういうシンプルな答えに行きつく。

 

楽しさと辛さは表裏一体になっているからどちらかを排除することなんてできない。

 

だから私たちは楽しい事も辛い事も経験しながら、人生を味わっていくのだ。

 

 

 

 

自分軸

 

 

そういう経験をしていく中で、自分が大切にしたい事、すごく熱心にやれる事を見つけられる時が来る。
どうしても譲れない物ができる。
それを人は個性とかアイデンティティとか信念と呼ぶ。

 

それは子育てかも知れない、仕事かもしれない、福祉活動かも知れない。

 

それは人によって違う。

 

 

何が一番得意か、何が一番好きか、何を一番大切に思っているか。

 

 

それが人それぞれだから大切にしたいことは人に代わってしまう。
しかも、それは自分の経験の中からしか見つけることが出来ない。
他人がその人の経験から見つけた物が自分に合うはずもない。

 

でも自分だけの物を見つけられるとそれをしている幸せをしっかり噛み締められるようになる。それに付随する苦労も何もかもひっくるめて楽しむことができるようになるのだ。

 

 

でも、不幸なことに私たちは他人の見つけた物をすごく素敵だと思ってマネしたくなってしまうのだ。
自分も同じ事をすれば楽しく幸せな時間を過ごせると思ってしまう。

 

 

それが私たちが自信を無くして、勇気を持てなくなるスタート地点なのだ。

 

 

他人と自分を比較して、同じ事が出来ない。だから自分はダメな奴だと思い続けてしまう。

 

最初からそんなことを考える必要すらないのに。

 

 

あの人よりも仕事ができる。
結婚している。
あの家よりもお金をもっている。
他の人よりも個性的な人生を送れている。

 

 

確かに小さな視点で見ればよい事かも知れない。
でも、根本的な事を考えれば些細な違いでしかないのだ。

 

 

人によっては
仕事なんてしない方が楽しいだろうし
結婚なんてしない方が楽しいかも知れない
つつましい生活の方が性に合っているかも知れない
皆と同じ生活の方が落ち着くかも知れない

 

 

 

 

 

人生を味わう

 

 

その些細な違いを、さも大きな事のように考えてしまう癖から逃れる方法は一つしかない。

 

根本的な事を思い出す事。

 

それは我々は人生を味わいに来ているという事。

 

 

何に幸せを感じ
何に苦労して
何を愛するのか
何が嫌いか

 

 

そんな事を感じるために我々は生きているのだ。

 

 

他人が良いと言っている物ではなく

 

 

 

自分がどう感じるのか

 

 

 

それを味わい尽くす為にいるのだ。

 

そうしたら自分だけのものが見つかるかも知れない。

 

 

いや、既に本当はわかっているのだ。

 

皆実は既に知っているのだ。

 

 

 

これまで生きてきて、嬉しかった事、楽しかった事、辛かった事、全部覚えているはずだから。

 

 

それを思い出すだけで自分の大切な事ってすぐ見つかるのだ。

 

 

多分それはもう既に大切に扱っているかも知れないから。
もう既にもっていて大切に扱っているのに、ただ、そのことを忘れていただけかも知れない。

 

 

だからもう一度人生をしっかり味わってみるだけで良い。

 

 

そうしたらきっと思い出せる。

 

 

 

次が一応最後です。
100日目:笑おう

よろしければシェア、フォローお願いいたします。

私の活動はブログとTwitterがメインです

スポンサードリンク