自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

100日目:笑おう

 

 

 

ここまで多くのことを言ってきましたが、この記事が強い自分を手に入れるための総まとめという位置づけで話をさせていただきます。

 

 

色んな事を言ってきましたが少し話をまとめさせていただきましょう。

 

 

 

何物にも負けない強い自分を手に入れるためには

 

 

「根拠のない自信」が必要です。

 

 

他人軸で比較して自分を評価するのではなく、あくまで自分基準で自分を評価すること。

 

その為には、既に自分が持っている物、今の自分が素晴らしい人間である事を思いだす必要があります。

 

 

それと同時に私たちの自信を失わせる最大の要因
「恐怖」を克服していく必要があります。

 

 

これは、そもそも私たちが自信が欲しいと思う理由が「やりたいことをやるため」だからです。自信とはやりたことをやるための道具でしかなかった。

 

 

しかし、私たちは怖いから動けなくなるし、怖いからやらなくてもよい余計な行動をとるようになります。

 

 

人から嫌われるのが怖い
人から必要とされなくなるのが怖い
自分の価値が否定されるのが怖い
今の生活を失うのが怖い

 

 

そうやって色んな事に恐怖を感じて、時に虚勢を張って生きてみたり、自分を否定して安全圏に逃げ込んだり、必要以上に努力して自分を傷つけて動けなくなってしまったりする。

 

 

 

 

そして動けなくなればなるほど私たちはさらに自信を失っていく。

 

 

 

全ての問題の根底には恐怖があったのです。

 

 

 

結局、

 

 

私たちが求めている物は「勇気」で、前を向いて生きられるようになりたかっただけなのです。自分らしく、ありのままの自分でいたかっただけ。

 

 

 

この勇気を得るためには

 

自己の認識を変えて小さな一歩を踏み出し続けるしかない

 

 

 

恐怖の原因はそのほとんどが勘違い

 

 

 

取り越し苦労だったり、自分で勝手に問題だと思い込んでいるだけだったり、愛されているのにそれに気づいていないだけだったり

 

 

これまで生きてきた中で生まれた習慣、固定観念と呼ばれる潜在意識がその恐怖を作りだしていた。

 

 

この固定観念を修正して、さらに上書きしていくために小さな小さな一歩を繰り返していく。

 

 

この小さな一歩を踏み出してもらうために、ここまでこのサイトを作り続けてきました。

 

 

完璧じゃないから良い

 

正直な話をすると

 

 

私はおそらく世間一般で言うところの「絶対に折れない精神力」を持っている人間ではありません。

 

 

こんな「自信を作る」というサイトを運営しておきながらそんな人間で良いのだろうかと思うところもありますが、こんな私だからこそ良いのだと思っています。

 

 

私たちは完璧な存在にはなれません。

 

 

私もいまだに初めてのことをする時はドキドキするし、嫌な汗をかくことも多々あります。

 

ちょっといかつい人と話をするのは怖いし、妻に罵倒されれば心が折れます。

 

みんながうらやむような頭脳を持っている訳でもないし、すごくカッコイイ見た目をしている訳でもない。

 

別に遊んで暮らせるような資産を持っている訳でも無いし、何一つ問題が起きない生活を送れている訳ではありません。

 

 

 

泣きそうになる日もあるし

 

 

 

怒りで我を忘れる日もある

 

 

 

悔しくて眠れない日もある

 

 

 

辛くて辛くて心が折れてしまう日もある

 

 

 

全然完璧じゃない

 

 

 

それでも

 

 

 

僕は今の自分の人生をすごく愛しています。

 

 

 

なぜなら、私は知っているからです。

 

私がこれまで数えきれないぐらい多くの人たちから愛されてきていること
泣きそうになるぐらい辛かった出来事が自分の中で血肉になっていること
折れた心がどうせすぐ復活すること
辛いことも楽し事も結局全ては人生を彩るためのピースでしかないこと
反対側から見ると楽しいことしか無かったりすること
辛さも喜びも全て自分が望んでいたこと

 

大きな流れの中で自分を生かしてくれていること
大きな流れの中で自分が誰かを生かしていること

 

 

完璧じゃないから楽しい
満たされていないから希望がある

 

 

過去と未来と今
全てを受け入れることが出来たから自然と感謝と笑顔が湧いてくる

 

 

そんな人間になれました

 

 

本当の強さとは何か

 

 

 

結局

 

 

 

強い人ってどんな人なんだろう?

 

 

 

 

私は小さい頃からずっとこの疑問をもって生きてきました。

 

 

 

私が行きついた答え

 

 

それは

 

 

笑ってる人

 

 

です。

 

 

 

楽しいことをして笑ってる人
辛い経験をした後それを思い返して笑ってる人
寂しさを感じて大切な人に会えた時に嬉しそうに笑ってる人
怖いことに直面してビビってから笑ってる人

 

 

本当の強さとは

 

折れないことでも、なんにでも向っていける勇気でも、ケンカに強いことでもない

 

 

ビビって逃げ回っても良い
拗ねて周りにあたり散らしても良い
辛いことで心が折れても良い

 

 

 

 

そう言うものを全部含めて受け止めて
最後に笑えることが強さなんです。

 

 

 

 

「笑う」って私たち人間が使える最強の魔法のようなものです。

 

 

 

どんなことがあっても私たちはそのことを笑おうと思うと肯定的にしか表現できなくなるんです。

 

どんなにムカつくことも笑いに変えようとすると受け入れられるようになるんです。

 

 

 

だから辛い時、しんどい時、悲しい時そんな時間を経験した後笑うんです。

 

今、目の前にある全てに感謝して

 

そして笑う

 

 

 

やりたいと思うことをやるための小さな一歩を踏み出すための勇気が湧いてくる

 

 

 

 

だからみなさん

 

 

笑ってください

 

 

全てを受け入れて笑えるようになると、もう私たちは強くなろうと願う必要すらなくなる

 

 

だって強くなくても笑えるから

 

 

失敗しても大笑い
悲しいことがあっても大笑い
シンドイことがあっても大笑い

 

 

そしたらやっぱり悪い事があったほうが楽しい世界になる。

 

 

だから幸せだと感じる事も、不幸だと感じる事もどっちが来ても私たちは楽しく生きることが出来る。

 

 

 

 

あとは好きなことをすれば良い

 

 

 

全力で仕事や勉強に打ち込んでみたり
ムカつくやつの悪口大会で盛り上がってみたり
目の前にいた老人に電車の席を譲っていい気分になってみたり
何もやる気が出なくてダラダラ無駄な時間を過ごしてみたり
近くにいる人への愛を感じる日々を過ごす

 

 

そうやって良いも悪いも区別しない世界で起こった結果全てを笑って愛してしまえばいい。

 

 

そしたら自分の行動の結果なんてどうでもよくなるから

 

 

 

何をしてたって結果的にはどうせ楽しいのだから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、結論?

 

 

 

以上が、私が皆さんに伝えたい強い自分になるための方法のすべてです。

 

 

結局世の中「芸人さんが最強」ということです

 

 

あの人たちは最強です。

 

シンドイことも、辛い経験も全て「芸の肥やし」にしてしまうのですから

 

 

 

そう言う意味では強い自分を作るための一番の近道は

 

お笑い技術を磨くこと

 

なのかも知れません(笑)

 

 

 

人を楽しませ、幸せにして、尚且つ自分も幸せになれる

 

 

最強の技術

 

 

 

それがお笑いなんだな〜と今は思います。

 

こんだけ色んな事を色々書いておきながら最終的にお笑いが最強ですというのもなんだか癪ですが真実なので仕方がありません。

 

もちろんプロになる必要なんてないけれど、そう言う意識をもって生きると楽しさ倍増ですね。

 

 

 

それでは皆さん

 

(´∀`*)ノシ バイバイ

よろしければシェア、フォローお願いいたします。

私の活動はブログとTwitterがメインです

スポンサードリンク