自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

弱い自分を変えるための5日目:散歩する

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

まずは体を動かす下地を作っていきましょう。

 

戦闘力の所でも記載しておりますが体を正常な状態にしておくことは大切です。

 

いきなり運動しろと言われても正直できませんしやる気も起きません。

 

そのため最初は散歩です。

 

この散歩というものを舐めてはいけません。
散歩というのはいろんな効果があるためまず最初に取り組むべき行動の一つです。

 

散歩をするときはできれば30分くらいは歩くと良いです。
この時せっかく歩くのですから背筋を伸ばして少し大股できちんとした姿勢で歩くとなお効果があります。

 

散歩は運動の中でももっとも脂肪燃焼効果が高いと言われていますのでダイエットにも最適の方法です。
一番効率よく脂肪燃焼するためには強い負荷の運動を短くするよりも弱い負荷の運動を長時間行うことです。
そのため散歩は負荷自体はとても低くまた長時間続けることができるためダイエットに一番適しています。
ちなみにもっと効率を求めるのであれば筋肉トレーニングをした後に散歩を行うとより脂肪燃焼効果が高まります。
これは筋肉トレーニングによって血管中に浮遊する脂肪分が多くなりその後の有酸素運動により脂肪が燃焼しやすくなるからです。

 

さて散歩はもちろんダイエットだけに聞くものでもありません。
心理学上での話をしていくと散歩というのはやる気を起こさせる効果もあります。

 

これは探索行動の論理と言いまして人は探索行動を行うとやる気がわいてくるというものです。

 

決まったルートをいつも散歩している人ではあまり効果は期待できないですが、違ったルートを歩く人はこの探索行動を行っていることになります。初めての道を歩くようにしていると自然とこの探索行動を行ているので自然とやる気がわいてきます。

 

ちなみに私が散歩をするときはさらに道を歩くときにできるだけ興味の持てるものを探すようにしています。
これには二つ理由があり、この探索行動を意識的にとるようにして効果を上げようとしていることが一つ、二つ目は散歩と言うのは普段やりなれていない人がやるとそうなのですが結構退屈です。

 

そのため、人によっては音楽を聴きながら歩く人もいると思います。でも私としましては、せっかく歩いているのだから新しいことを発見する場に出来ればと思っております。

 

例えば道端に咲いている花でもいいですし、マンホールの絵柄(地域によって絵柄が違います)でもいいです。普段自分が何気なく見ていることを改めて見てみると新しい発見があります。

 

写真が好きな人は自分も好きな景色を探すという目標を持ってもいいかも知れません。

 

その様に探索行動をとると楽しいですしやる気もわいて一石二鳥です。

 

 

そして私が散歩を押す最大の理由が考え事がものすごく進むことです。

 

散歩をすると血流もよくなってきますので脳の働きが活発になるんですかね?
すごく考え事が進みます。

 

私は悩みごとがあるときは必ず散歩するようにしています。
自分の机で3時間悩んでも解決しなかったことが30分散歩に行ったらすぐに解決策が思い浮かぶというようなことが多々あります。

 

このように散歩には複合した良い点しかありません。レッツウォーキング!!

 

<補足>
考え事が進む理由を調べました。
1、血中のセロトニンが増加するためリラックス効果と集中力が増加するため。
2、血流が増すので脳が活性化される(やっぱり!)

 

以上二つの観点から考え事が進むようです。

 

6日目:己の限界を知る

 

 

☆関連記事☆
65日目:忘れていませんか?そろそろ筋トレの時間です

スポンサードリンク

 
HOME