自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

弱い自分を変えるための10日目:日記をつける

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

突然ですが一週間前の昼に何を食べましたか?
私はちょっとづつ余った冷凍食品をたいらげましたw

 

あなたは答えられましたか?

 

2〜3日前までの記憶だったら大体かろうじてあるものですが、一週間前になるとなかなか思い出せなくなってきます。
昔TVでこんな問題が出ていたので思いだしてやってみました。

 

この問題からわかることが二つ。

 

人はすぐ忘れてしまう、ということ。
もう一つはすぐ忘れてしまうようなことしか普段していないということ。

 

何か一大事があれば覚えているかも知れませんが大体のことは忘れるように人間の脳はできています。
だからそれが普通です。

 

ちなみに豆知識として、
記憶に何かを定着させたい場合はその事柄を何かアクションと一緒に覚えるとと記憶が定着しやすくなります。(ホンマでっかTVよりw)

 

日記をつける理由としては二つ。
1、普通では忘れてしまう、日々の内容を記録するため。
2、普段自分が何にを考えているか考えるため。

 

自分が普段何を考えているか意外と人は忘れていきます。
そのための日記なのです。普段考えていることがわかれば理解も進むし、改善も簡単です。

 

一日の終わりに日記を書く習慣を作りましょう。
歯磨きが終わったら次は日記っということにしましょうw

 

日記は紙に書いても良いし、パソコンでもいいし、専用のアプリでも良いと思います。
私はいつもEvernoteと言うメモアプリで日記をつけています。

 

書く内容はざっと、
・その日何があったかを3行くらいで
・人のために何をしてあげられたか
・今日の頑張ったこと
・今日の改善点
・感情的になった出来事、およびその理由
・何か考えたこと

 

こんな内容を日記に書くようにしています。
もちろん日によっては書くことがない項目もあります。

 

でもできる限りかけるようにしています。
そうすると日々の生活の中で日記に書くために誰かのために何かしてやろうと言う気持ちすら芽生えてきます。

 

日記を書く際の注意点です。

 

できる限りポジティブな内容にしましょう。
少なくとも日記の最後は自分をほめる形で終わらせてください。

 

例えば仕事でミスしたことを書くとしたら

 

Aという仕事でミスをした。自分の確認不足だった。
っという文章ではなくて
Aの仕事をする際、確認をもう少し行えばよりよい仕事ができるはずだ。

 

という感じであまり自分を否定しないように気を付けましょう。
とは言ってもあんまりべた褒めだとあとで見返したときちょっと気持ち悪くなりますけどねw

 

 

11日目:掃除する

 

 

☆関連記事☆
7日目:リスト作り
12日目:リスト作りA
19日目:リスト作りB
10日目:日記をつける
48日目:日記で怒りを感じたことに対して理 由を考える

50日目:小さな幸せに目を向ける

スポンサードリンク

 
HOME