自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

弱い自分を変えるための13日目:己を超える

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

唸る上腕二頭筋、盛り上がる大胸筋、眩しい笑顔。
ボディービルダーの皆様はなぜあんなにも楽し気なのでしょう。

 

それは常に己と戦い、己を超えてきているからです。

 

マッスル、マッスル歌いながら自分をイジメていくのです。もしかしたら究極のMなのかもしれない。

 

さて、そんなわけで我々も少し見習いましょう。

 

前回「6日目:己の限界を知る」で自分の限界値を確認して貰ったと思います。

 

その限界値を今日は一回でもいいので超えましょう。

 

なんもトレーニングもしてないから越えられない?

 

いいえ、必ず越えられます

 

前回は何も目標もなくただ漫然と始めたものです。
それに対し今回はすでに「前回の値」と言う目標があります。
自分の筋力量に差が無くても目標の有無があります。

 

明確な目標を持つということは実はものすごく強い力です。
人間には目標達成能力と言うものが間違いなくあります。

 

大きな目標になればそれに従った明確な目標や計画といったものが必要になってくるでしょうが、今回のような前回の結果を超える位であればもう一発です。

 

ちなみに嫁で実験してみましたwww

 

私の嫁はものすごく細く筋肉がありません。
腕立て伏せなど一回すらもできない人間でした。

 

私もこりゃまずいなっと思い少し提案してみました。

 

嫁はかねてから車の免許が欲しいと言っていました。
しかし、私は危ないからダメだよっと却下し続けていたのです。

 

そこで、提案

 

もし腕立て伏せを10回できるようになったら教習所に行くことを許可しても良いよっと言う。
実質的に免許取得OKの提案をしました。

 

そしたらどうでしょう1回もできないはずの嫁は初回からいきなり3回もできるようになったじゃないですかwww

 

欲望に忠実な嫁、愛してるぞ〜〜!!w

 

微妙な事例ではありますが目標の持つ力とは本当にすごいのです。

 

明確にこういう自分になりたいという目標を持つことで自分を変化させることは可能です。

 

もちろん筋トレにだって大きな効果を発揮するはずです。

 

だまされたと思って前回の記録をぶち抜いてみてくださいw

 

 

14日目:トイレ掃除をする

 

 

<関連記事>
ながら筋トレのすすめ
65日目:忘れていませんか?そろそろ筋トレの時間です

 

 

 

 

スポンサードリンク

 
HOME