自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

弱い自分を変えるための16日目:読書する

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

読書が良いことだなんて大体の人が知っていると思います。

 

知識を得ることができるということ以外にも集中力の向上、思考力、語彙力、国語力、想像力、などかなりオールマイティな感じで自分を成長させることができます。

 

確かに私も子供のころは親に本をよめとことあるごとに言われてきました。
私も今でこそ読書家ですが小さいことはゲームをしたり友達と遊んでいたりするほうが好きでしたので本なんてこれっぱかしも読みませんでした。読んでいたのは週刊ジャンプくらいなもんです。

 

大学生くらいの時に自分を成長させるためにいくつか自己啓発本を読み始めてからだいぶ本を読むことが好きになってしまいました。
今では歴史やら科学やらビジネス本やら本当にいろんな分野の本を読むようになりました。

 

そうするといろんな部分の知識がふと思いがけないところで活用できるようになります。
そういえば本を読むようになってから以前より人にものを尋ねられるようになったように思います。
人に頼られるようになったっといったほうが良いでしょうか。

 

そんなわけで本をいっぱい読んでください。
読みなれてない人はぶっちゃけ漫画やライトノベルでも良いと私は思っています。
まずは物語に触れること。
これが大事です。

 

夢も希望も漫画がくれたものです。
むしろ漫画だからこそ伝わるものもあるはずです。

 

そのあとは本やでフラッと店の中を回ってみて本当に何気なく自分が気になった本を全部読んでみてください。別にどんな本を読んでも良いのです。

 

本代はケチるべからず!!

 

本代は後で必ず自分に返ってくるものです。
知識や思考力や集中力など別の形に代わってですが。

 

さて、本を読んでいくうちで大切なことが一つ。

 

私ように自己啓発本やビジネス本を読むような方は必ず守ってください。

 

それは
「本に書いてあることは必ず実行すること」
です。

 

本の読み方で二種類の人が存在します。
一種類目:自分で判断して本の内容を若干変える。
二種類目;読んだだけで満足している人

 

 

一種類目の人

 

例えばビジネス本に「お参りに行く」っと書いてあったとしましょう。
一見ビジネスとは関係なさそうな内容ですが必ず実行するようにしてください。

 

自分なり生きていて自分では答えを出せなかったことが本には書いてあります。
その中には自分の価値観とは合わないことも書いてあるかも知れません。

 

でも本に書いてある内容と言うのはその本の著者が長い時間をかけて自分の中で作り上げた一つの答えです。

 

それを読み手が勝手な判断で必要ないと判断することがどれだけ愚かなことか。

 

これをやっている人はつまるところ
自分の判断でここまでやってそれがダメだったから人に教えを乞うているのにその人の話を聞かずにまた自分で突っ走る人です。

 

もちろん今の自分ではそれを実行することが難しいと思う部分はあると思います。ですが自分のできる範囲で良いんです。
若干レベルを下げても良いと思います。必ず実行してください。

 

 

二種類目の人

 

読んだだけで満足してしまう人。
これは明らかにダメですよね。

 

自己啓発本は読むとすごく前向きになれます。頑張れる気がする!何か今日自分変われた気がする!!っと誰でも思うものです。

 

実際は何も変わってませんからね?
本当に気がするだけです。

 

人は行動することでしか変われません。
自分を変えるために考える必要はあるとは思いますが行動することができなければ結局何も変わらないのです。

 

本に書いてある内容もそれを実践しなくてはその本を読んでいない人と同じです。
やっていることは変わりません。

 

そのためやはり必ず本の内容は実行するようにしてください。

 

 

以上の点お気を付けください。

 

17日目:自立する

 

 

☆関連記事☆
情報通への道:語彙力を増やすために
情報通への道:使える情報をいかにして持つか
基礎知識:財力
16日目;読書する
23日目:財布の中を綺麗にする
31日目;お金を貯める
61日目;家計簿をつける
66日目:お金について勉強する

スポンサードリンク

 
HOME