自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

弱い自分を変えるための19日目:リスト作りB

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

最後のリスト作りです。
もちろん自分でこれは大事だなっと思ったことがあれば自分でほかのリストを作っても問題はありません。

 

今回は
・これまでの人生で一番お金をかけたこと
・これまでの人生で一番時間を使ったこと

 

人は自分のやりたいことも好きなこともよくわからなかったりします。

 

でも自分の行動を振り返ってみるとその偏りは明らかです。

 

人にとって大切なものそれはお金と時間。

 

この二つを一番時間をかけたものが自分が大切にしていることです。

 

自分を知るっということの最終目標をここで発表します。

 

それは己のアイデンティティの確立です。

 

アイデンティティと言われてもぶっちゃけ意味が分かっていない人もいますよね
グーグル先生に教えてもらいましょう。

 

意味
自己が環境や時間の変化にかかわらず、連続する同一のものであること。主体性。自己同一性。
っとあります。

 

詰まるところ自分が自分である理由、何をもって自分を自分と呼ぶのか、自分の生きていく意味、そういった意味になるかと思います

 

日本ではこのアイデンティティを確立するのが難しいと言われています。
本来集団で行動するように生きていた日本人が現代になり急に個での活動を行うようになりました。
これまでは日本人にアイデンティティなんていらなかったのです。

 

だって最初からあったのですから。
地域のために働く、お国のために働くっという明確な理由が存在したのです。

 

それが急になくなった。

 

そのため急に個人ごとの明確な生きていく理由が必要になってしまったのです。
もちろん個人として地域や国のために働くっと考えている人もいるでしょう。私もそうです。

 

でも全員がそれをよしとしない世の中になってしまった。

 

アイデンティティの確立という大切なことを学校教育では教えてくれません。
何故なら日本の教育方法は諸外国と比べてまだまだ遅れているから。

 

そしてさらに言えば大人になってもアイデンティティの確率がなされていない人もたくさんいます。
30、40歳くらいでもわかってない人は多いようです。

 

その様な人たちが若い世代に教えられるはずがありません。

 

だから自分で見つけるしかないのです。

 

自分の人生とは何なのか?何のために生まれてきたのか?
そういった自分の根幹となる答えを探してほしいのです。
ただの浪費する人生ではいけません。
夢や希望っといったものは必ず必要です。

 

アイデンティティの明確な人は行動も明確です。
自分に迷うことはありません。

 

だから自信をもって前を向いて歩いて行けるのです。

 

そのためのお手伝いができたらいいなと私は思っております。

 

 

20日目:もう素直に筋トレと言おう

 

 

☆関連記事☆
7日目:リスト作り
12日目:リスト作りA
19日目:リスト作りB
10日目:日記をつける
34日目:やりたいことリストの一つをやってみる
48日目:日記で怒りを感じたことに対して理 由を考える

50日目:小さな幸せに目を向ける

スポンサードリンク

 
HOME