自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

弱い自分を変えるための21日目:テレビを見ない

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

テレビはあまり見ないようにしたほうが良いです。

 

見るなら録画してみたほうが良いです。

 

テレビには魔力があって別に見たくない番組も惰性で見てしまいます。

 

そうすると自分が本来したいと思っていたことに割く時間が気が付くとなくなっています。
それはよろしくありません。

 

また、情報にゆがみが発生している可能性もあります

 

情報とは本来Aさんから見た情報とBさんから見た情報っというように多面的なところがあります
しかしテレビ番組上面白くする必要があるので番組では表面の話しかしません。

 

そうすると情報が歪みます。

 

正しくない知識を自分の中に植え付けることになるためテレビでみるより自分で本を調べたりネットで調べたりしたほうがまだ良いです。
そのためニュースを見るならNHKが一番です。

 

NHKは面白くはないですが公平に作られています。
一番歪みの少ない番組です。(そのため私は受信料は払うべきだと思っています、よく見てるし)

 

このように情報の精度、時間の調整の観点から私はあまりテレビを見ることをお勧めしません。

 

ただし、これはテレビを普段ダラダラ見ている人の場合です。

 

逆に普段ほとんどテレビを見ないという人。
そういう人は少し見たほうがいいと思う部分もあります。

 

どっちやねんって感じですねw

 

色んな情報がただ流れているテレビと言うのは逆にネットでは得ることのできない知識のとっかかりを作ってくれるのです。

 

ネットと言うのは自分で検索することでしか情報を得られません。
なので自分の興味のある内容しか知ることができないのです。

 

しかし、テレビは自分の興味の有る無しにかかわらず情報が入ってきます。

 

そのため自分の今の枠を広げてくれる可能性があるのです。
自分の興味がない物でもテレビを見ていて急に興味がわいたっということはよくあります。

 

新しい自分を発見する手助けになるかも知れません。

 

このようにテレビとネットにはそれぞれいいところと悪いところがあるためちゃんと意識して使い分けるようにしてください。

 

ただ一番ダメなのはダラダラとテレビを流れで見続けることですのでそこは注意してください。

 

 

22日目:理想像を明確化する

 

 

 

スポンサードリンク

 
HOME