自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

弱い自分を変えるための24日目:ありがとう、ごめんなさい、愛しています、許してください

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

普段生活している中でだいぶストレスを溜めていませんか?

 

いいや、溜まっているはずです!!w

 

日常生活の中でどうしたってストレスは溜まるものです。例えば人と会うということはそれだけでストレスになります(人と会うことが好きな人であっても)。

 

何気ない日常で過度なストレスがなくても人はストレスを溜めているものです。
そして人の心は段々ささくれ立ってきます。

 

ちょっとしたことでイライラしたり、変なミスが増えたり、集中力が落ちたりっと人の心はストレスによって多大な影響をうけます。
自分の心に余裕がない時はどうしたって人にも攻撃的になってしまったりもしますね。

 

私も仕事が忙しい時期なんかはどうしても人にキツくなってしまいます。

 

道を歩いていて対向している人から肩にドンっとぶつかられると怒りますか?
私は自分に余裕がある時はさほど気になりません。

 

でも自分の心がささくれ立ってイライラしている時にはどうしてもぶつかられるとイラっとしてしまいます。
人にぶつかっといてごめんもなしかい!!ってな感じに思ってしまいます。

 

でも冷静になって考えてみると対向で歩いている人とぶつかった場合100%相手が悪いということはあり得ません。本来何かしら自分にも落ち度があったはずなのです。自動車事故の時と考え方は同じですね。

 

でも心がささくれ立っている時はその判断ができません。イライラしてしまいます。

 

そんな自分の心を正常な状態に戻す必要があります。
 
ホ・オポノポノと言う言葉をご存じでしょうか?
まぁグーグル先生がすぐ教えてくれるとは思いますがハワイの伝統的な問題解決法だそうです。

 

なんかスピリチュアルな感じのものですw

 

やり方はすごく簡単で

 

「私の潜在意識の中の●●に対して怒る 原因となっている
記憶を消去してください
ごめんなさい
ゆるしてください
ありがとう
愛しています」

 

っと心の中で唱えてもいいし、声に出してもいい、というものです。
ちなみに複数回唱えると言いそうです。(詳しくはグーグル先生が教えてくれますw)

 

信じられない?

 

私はこの方法は間違いなく効果があると思っています。実際よく唱えています。

 

このホ・オポノポノの考え方のベースは100%自分に原因があると考えているところから始まります。

 

この100%自分に原因があるという考えかた、普通に働いている人であれば聞いたことはあると思いますが「自責と他責」の考え方にそっくりですね。

 

その出来事の原因が自分にあるのか他人にあるのかっということです。
ちなみにすべてを他人のせいにしている他責の考えの人は全くと言っていいほど成長しません。
何か自分以外の物のせいにしている時点で自分の問題から目を背けていますので成長する可能性自体がありません。逆に自責の考え方の人はすべてに自分の改善点を探して成長しようとします。仮に100%相手が悪いような事柄だったとしても自分で何か改善すれば良かったかも知れないと改善点を模索する人です。

 

そしてこのホ・オポノポノで唱えている言葉「ありがとう、ごめんなさい、愛しています、許してください」は自分の考え方を自責の方向に矯正するための言葉になります。

 

他人に感謝し自分の非を認め先に進むための言葉です。

 

私も一日の終わりにお風呂の中で唱えるようにしています。
その日の嫌なことや良かったことに思いを馳せながら唱えまs。

 

そうすると自分の中でイライラしていたのが落ち着くのがわかります。

 

この言葉を唱えることは成長する下地作りとして必ず必要なことになりますので間違いなく実行するようにしてください。

 

 

 

これで超初級編は終了です。
そんな大したことは書いていないですが本当にこの内容をやってこれた人がいたらこの時点でだいぶ生活が変わってきていると思います。ただし、ここまでは所詮一人ですべてできることです。シャイな私が一番最初に取り組んだことが超初級編です。

 

でもそろそろ他人と関わりを持ったほうが良いですね。
そんなわけで次は初級編へどうぞ。

 

 

 

スポンサードリンク

 
HOME