自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

弱い自分を変えるための40日目:友達を作る

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

今回はいきなりハードルが上がりましたねww

 

でもそんなに難しいことじゃないので安心をw

 

そもそも友達ってなんなんですかね?

 

正直その線引きをちゃんと言える人はいないと思います。

 

何故ならちゃんとした定義がないからw
では国語辞典でも引いてみましょうw

 

☆意味☆
互いに心を許し合って、対等に交わっている人。一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人。友人。朋友

 

っとあります。

 

ふむ、つまり一緒に遊んだり話をしたりすれば友達だとw
あれ?それならいけそうな気がしますねw

 

ちなみに親友はまた別の物のようです。

 

こんな話をしていると、そもそも友達は必要か?っという疑問もでてきますね。

 

友達を作るということは他人から自分を認めてもらうという意味です。
人間の価値とは相対的なものです。ですので自分ひとりだけで何をしていても対して意味はありません。

 

誰かとのつながりがあって初めて自分の価値と言うものができてきます。

 

例えば私の今書いているこのサイト。
これだって誰にもみて貰えなければ私が一人でやいのやいの言っているだけで何の価値もありません。

 

誰かと繋がりがなければ何の意味もないのです。

 

それは個人でもそうです。
誰とも関わりを持たずに生きている人の人生に価値はありません。
どんなにすごいことをしていてもそれを見つけて貰わなくてはダメなのです。

 

厳しい物言いですがそれは事実です。

 

逆にそういう意味では別に友人なんていなくても良いとも言えます。
社会的に認められてさえいればいいのですから。

 

しかし自信を手に入れると言う目的のためには友達というのはとても意味のあるものです。

 

友達というのはその存在がすでに自分を肯定し存在を認めてくれるものなのですから。
よって友達はやはり必要です。

 

そんなわけで今回は新しい友達を作りましょう。

 

辞書に載っている通り何度か話をしてちょっと親しくなればその人は友達のようなので作ろうと思えばすぐできます。

 

ちなみにこの場合ネット友達でもありだと思っています。
文字だけの関係だって歴とした友達だと言えます。

 

私も以前適当にネット友達を作った時期がありましたが顔が見えないという怖さはありますがそんな悪い人ばかりではありませんので楽しみながら友達を作ってみてください。

 

一つ気を付けて欲しいことがあります。

 

絶対に友達に依存しないでください。

 

友達とは自分を認めてくれる素晴らしい存在だと思います。
しかしそれが依存の関係まで行ってしまうと友達がいないと自分を保てなくなる原因になってしまいます。
自信とはアイデンティティの基盤となるものです。それを他人に預けてしまってはいけません。

 

あくまでも友達とは対等な関係でなくてはいけません。依存して頼っていてはそれは友達ではなくなってしまいます。もし友達に依存しているような人だとしたらむしろその人は一度友達とは少し距離を置いたほうが良いはずです。

 

17日目:自立するでも書きましたが人は自分のことは自分でやらなくてはいけないのです。自信とは本来自分の努力で積み上げて勝ち取っていくものです。それを他人に依存してはいけません。

 

私にも親友と呼べる友達がいます。呼べばいつでも駆けつけてくれるほどの仲だと思っています。でもその友達とは一年に一回程度しか会いません。お互い自分のことを自分で努力して一年に一回あった時に近況や今後の夢について報告しあう関係です。

 

それが一番いい関係だと思っています。

 

もちろんいきなりそんな関係にはなれないと思いますがお互い成長しあえるような友達関係が作れればそれは自信に直結すると思います。

 

それでは頑張って友達を作ってみてくださいw

 

 

41日目:人を褒める

 

 

 

スポンサードリンク

 
HOME