自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

弱い自分を変えるための48日目:日記で怒りを感じたことに対して理 由を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

日記ちゃんと書いてますか?

 

日記って書くのはメンドイですけど読み返すと意外と面白いものですよ。私もたまに見返してあの時こんなことあったんだ〜と思い出に浸ることがありますw

 

本来であれば日記以外にも自分が考えている内容なんかは全部メモにして残して置くことをお勧めします。

 

何故かって?

 

そんなの忘れちゃうからですよw
どんなに真剣に考えていた内容でも時が経てば人は忘れてしまいます。人はそういう生き物です。どんな大切な思いも記憶も時が経てば忘れます。忘れなくてもその内容はおぼろ気になっていくはずです。

 

私も自分の人生に迷っていた時に色々考えて自分の中で出した答えがいくつかあります。その時は絶対に忘れるはずはないと思っていた感情だったのですが今ではあの時ほど新鮮には感じられなくなっています。

 

それを思い出すためにも出来る限り記録は残しておいた方がいいと思います。最近の私も昔に書いた自分のメモをこの前見つけて「昔の自分は良いこと言うな〜」と関心していましたwメモはその時の感情ですら呼び起こすことが可能です。

 

さて今回の本題ですが日記を読み返して普段自分がどんなことにイライラして怒っているのかを確認しましょう。

 

そしてその怒っている内容を分析してみましょう。そうすれば普段自分が何を大切にしているかがわかります。

 

わかりやすい表面的なことでは無いのです。人が怒ると言うのは自分が大切にしていることを侵害された時、もしくは自分が密かに気にしていることを指摘された時です

 

人はあまり自分の怒る理由まで意識していないことが殆どですがその怒っている心理には普段自分が考えていることがそのまま出てきます。

 

その心理は普段自分が意識することのない素の自分が潜んでいます

 

例えばですが
私は自分が思っていた以上に綺麗好きだったことがわかりましたw

 

自分ではそんなに綺麗好きではないと思っていたのですが自分が怒っている内容を確認していくとその原因の大本にあるのが全部部屋が汚いということに行きつくからですw

 

そんなことに今更気が付いて一応嫁に確認してみましたw
そしたら「えっ気づいてなかったの?」っという返答がかえってきましたw

 

教えてくれよw
自分では気づかない自分の綺麗好きにびっくりですw

 

こんな私のくだらない例で申し訳ないですが日記を読み返してみると普段意識していないけど無意識で自分が繰り返している失敗や考え方などが浮き彫りになることがあります。

 

それを確認するためにも日記を改めて読み返してみましょう。

 

49日目:理想の自分を演じてみる

 

 

スポンサードリンク

 
HOME