自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

弱い自分を変えるための53日目:これまでを振り返り確認する

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

ここまでで初級編は一応終了の予定です。

 

そこで今回はこれまでの復習になります。

 

ここまで52項目のテーマを実践してきています。いくつかかぶっているものもありますが・・・

 

簡単なものもあればそこそこ難しい物もあると思います。

 

また一日だけしか行っていない行動についても本当は毎日やって貰いたい行動もいっぱいあります。

 

例えば1日目:背筋を伸ばすとか5日目:散歩するとかです。

 

どうです、今背筋は伸びていますか?

 

人が変わるというのはつまり新しい習慣ができるということです

 

これまで日ごとに色々とやってきてもらっていますが、今後本当に自分を変えて行きたいのであればこれまでの内容を踏まえて自分の生活習慣を見直し自分の普段の行動そのものを変えて行かなくてはいけません。

 

このサイトに書いてあることは誰にでもできることです。

 

ただし、それを続けることが難しい。

 

油断しているとすぐに元の自分に戻ってしまいます。
むしろそれは本来人間としての正しい機能です。

 

人は一番安定している状態、つまり今の自分に戻ろうとする機能があります。
危険を冒さず、嫌なことはしない。それでも生きていけるのであれば一番楽な道を選ぼうとする。変化を嫌うのが人間の機能です。

 

そんな自分を変えていくには限りなく純粋に強い想いと高潔な精神が必要です。

 

しかし、そんな精神性の高い人間であるなら最初からこのサイトにくる必要はないでしょう。
自分の意思で変わっていける人ですから。

 

続けていきたいことを続けるにはでは具体的にどうしていけばいいのか?

 

それは自分以外の物や人に働きかけ自分が置かれている状況を変えてしまうことです。

 

例えば早起きをしたいのであれば「カーテンを開けた状態で眠る」とかです。そうすると朝日が必ず入ってきますので嫌でも勝手に起きられます。

 

他にもテレビを見ないと決めたなら、コンセントを抜いておくとか何ならテレビを捨ててしまうとかそういう方法です。

 

物以外に対してもそうです。

 

飲み会を断ると決めたならば角が立たない程度にみんなに宣言してしまうというのも一つの手です。

 

このように自分が置かれている状況が変わってしまえば人はその状況の中で順応していくしかありません。必然的に自分の行動は変わっていきます。

 

正直なところ気持ちだけで自分の行動を律して変えていくことは不可能に近い作業だと思います。もちろん中にはそれが可能な人もいるとは思います。ですが大体の人は最初は気持ちで律することが出来るのですが心が興奮している状態から冷めてくると途端にやる気がなくなってきてしまいます。

 

そのため具体的に状況を変えておく必要があります。そうやって自分をどんどん変えていってみてください。

 

 

54日目:人を楽しませる

スポンサードリンク

 
HOME