自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

弱い自分を変えるための63日目:言いたいことを言う

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

ぶっちゃけタイトルのまんまなんですけどね・・・

 

 

これまでの行動で人にお願いをしてみたり自分の弱さを提示してみたりと自分を表現したりする行動を対象していました。

 

もう少し踏み込んで行ってみましょう。

 

 

日々の生活の中で悩むことは多いと思います。

 

ただ、その悩みの根本原因は大体が人間関係であったりします

 

 

人からどう思われているのか?とか、あの人が自分を認めてくれないとか、そういった人間関係の問題点から端を発しているのです。

 

自信の無い人と言うのは基本的に自発的な発言をするのがあまり得意ではありません。

 

 

失礼

 

 

苦手っと言うより好きではありませんよね

 

 

何故なら怖いから

 

 

 

発言の責任を取ることであったり、間違ったことを言ったりしたら嫌だし、

 

何よりも自分の発言の結果で嫌われたりしたら怖いですもんね

 

 

だから口をつぐんでしまう

 

 

しかし、冷静になって考えてみてください。

 

あなたは何を考えているのか分らない人のことを信用しますか?

 

何も自分の考えを教えてくれない人のことを好きになりますか?

 

 

私はなりません。

 

 

人間関係とは基本相互理解によって成り立ちます。

 

だから自分の考えを相手に伝えてもいいんです。

 

みんなが思うほど相手は自分の言葉に過敏反応しません。

 

 

もちろん相手のことを批判するような発言は良くないでしょう。

 

大切なのは相手のことよりも「自分はこう思う」と言うことをちゃんと相手に伝えることです。

 

もちろん人間関係は相互理解であり自分のことばかり伝えていれば言い訳ではありません。

 

基本的な会話の方法として 聞く:8割  話す:2割くらいがベストだと言われています。

 

私が問題視しているのはこの2割すらちゃんと伝えない人の場合なのです。

 

 

話をしていてすべて相手に合わせていないですか?
ちゃんと自分の考えを伝えていますか?

 

相手に合わせているだけではそれはただの相槌です。

 

 

まぁ、ぶっちゃけそういう何も喋らない人の需要もあるはあるのですが・・・

 

 

更なる問題は自分の意見を言わないと言うことは常に自分を偽っているということと同じなのです。

 

 

 

人は本来のあるべき姿、やりたいことと現実が一致していない時にストレスを感じます。

 

つまり言いたいこと、自分の考えを表現しないと言うこと自体がストレス原因になるのです。

 

自分のためにも自分の意見は言ったほうが良いと言う結論に至ります。

 

 

さて、では一番気になる自分の意見を伝えた場合の周りの反応です。

 

 

基本的にあまりネガティブな発言でなければ周りは正直何も思いません

 

むしろ人間味が伝わって印象が良くなるかも知れません。

 

また、自分の考えにそぐわないことが自分の周りから少なくなる傾向があります。
逆に言えば自分の意見が少し叶いやすくなる。

 

そりゃそうですよね、意見を伝えているのだから。

 

自分の意見が相手と対立している場合は話あいが必要になるかも知れません。
また、自分の意見が明らかに間違っていた場合はどうしましょう?

 

謝るしかないですよね。

 

自分の非を認めてごめんなさいと言えば大体の人はあとくされなく許してくれます。

 

そのちっぽけなリスクを冒すのが怖いですか?

 

大丈夫、そんな簡単に人は人を嫌いにならないし、仮に嫌われてもなんの問題があるのでしょう?

 

今の何も語らない自分ではどうせまともな人間関係は気づけません。

 

それなら結果は一緒でしょう?

 

 

なら、より希望のあるほうを選択したほうが良いじゃないでしょうか?

 

 

私はそう思います。

 

 

次はこれ

 

64日目:身の回りをトキメク物だけにする

スポンサードリンク

 
HOME