自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

64日目:身の回りをトキメク物だけにする

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

普段何気なく使っている物をなんとなく選んでいませんか?

 

好きなものに囲まれる生活と言うのは精神衛生上とても良い物です。

 

ちなみにこれはなぜか

 

自分の身の回りの物を買う際に大抵の人間はその物と金額や自分に合うかどうかなどを考えて購入します。

 

そして金額が高いからとか自分には合わないかもとかそういった理由で買うのを止めたりします。

 

その結果どうでもいい物を使って生活するようになります。

 

別に大切では無い物で周りが満たされて行くのです。

 

 

どうでもいい物であふれている自分が出来上がる訳ですね。

 

もっと自分を大切にするにはどうしたら良いのか?

 

自分のトキメク物を集めたらいいんです。

 

私も以前は使えればいいと思って安物ばかりを使っていました。

 

以前は景品で貰ったボールペンを使っていましたが最近は自分の気に入ったガラスペンやボールペンを愛用するようになりました。

 

そう言った道具を使う際に少し心が弾みます。

 

その感覚がとても大切なのです。

 

何も高い物が良いと言うわけではありません。

 

私は自分の部屋を自分好みにするために自分でリフォームしています。
そうやって自分で作った部屋はとても愛着があり、その場所にいるだけで幸せです。

 

 

利点はそれだけではありません。

 

まずオシャレに対する感覚が上がります

 

良い物を常に探すと言う意識だけその意識がない人との差は歴然です。

 

ちなみにオタクの皆さんが「自分の好きなキャラクターを身に着けている」あれもありだと思っています。
オシャレかどうかは置いといて自分の好きなものに囲まれると言うのはいいことです。
自分がオシャレだと思っているなら良いと思いますし、好きなものを好きと言ってダメなはずがありません。
(エロいのはダメです)

 

また、そういう風に見た目や持つ物にこだわりを持つとそれに共感する人たちが周りに増えます。

 

つまり友達ができやすくなるのです。

 

無難な物だけをもっていると個性が出てきませんので個性の無い人間関係だけが出来上がります。

 

それでも良いならそれでも良いです。
しかし、そのことを理解して選択しているということを忘れてはいけません。

 

また、オシャレな物を集めると言うのは部屋が綺麗になると言う効果もあります。

 

自分の好きな物を採用すると言うことはそれ以外のどうでもいいものは捨てなければいけませんから必然的にものが減ります。
断捨離の一種になっていくわけですね。

 

いるだけで楽しい

 

そんな部屋づくり

 

素敵じゃないですか?

 

そんな訳で本日は自分の身の回りのなんとなく選んでいる物を捨ててみましょう。そしてそれに代わる物を真剣に選んでみてください。

 

 

 

65日目:忘れていませんか?そろそろ筋トレの時間です

 

 

 

 

<関連記事>
基礎知識:芸術力
32日目:断捨離する(レベル1)
55日目:断捨離レベル2
技能編
身だしなみを整える
掃除の仕方について

 

スポンサードリンク

 
HOME