自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

弱い自分を変えるための57日目:人を手伝う

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

パワースポットは好きですか?

 

パワースポットとは行くだけで運気が上がると言う実に都合の良い場所です。

 

こういう場所が好きな人は結構ツアーなんか組んで行ってしまうようですね。

 

私はパワースポットがあまり好きではありません。

 

正確にはパワースポットそのものではなく、そのパワースポットに行ってバワーを貰ってこようという考え方があまり好きになれません。まぁ、私の好き嫌いなんてどうだってよい話ではあります。しかし、その考え方の根本には見直すした方が良い問題があります。

 

それは自分にパワーが足りていないと思っていることです。そしてそれを他から補おうとしていることです。

 

自分以外の人や物に手伝ってもらうこと自体は悪いことでは無いのですが、自分の活力となると話は別です。

 

活力とは本来自分の内側から湧いて出てくる物です。貰うものではなく作るものです

 

活力とは自分がワクワク出来る目標を見つけたときや、誰かを幸せにしてやろうと思った時に自然と湧いてくるものです。

 

自分の元気が足りてないなと思ったときはむしろ誰かに元気を分けてやろう位に思った方が元気になれます。

 

人は誰かのために動くときは驚くほど力を発揮できるものです。そのためにもまずは誰かのために何かしてあげる癖をつけていきましょう。そして最終的にはみんなに頼られるような人になれたら最高です。

 

そこで今回のテーマである、人の手伝いをしましょう。

 

ここで大切なのは手伝わされている訳ではないこと、つまり自分から誰かの手伝いをすることが大切です。

 

あくまで受け身ではなく自分から行動を起こさなくては意味がありません。
正直自分のことでいつも精一杯です、と言う人も多いと思います。

 

でも、だからこそ良いんです。

 

だからこそ普段の自分のやり方を見直すことができますし、自分のキャパシティをあげることに繋がります。

 

みんな必要に迫られないと改善ってしないじゃないですかw自分で自分を追い込めばそれは成長に繋がって行くものです。

 

人のことを手伝うと言うのは日々の活力にもなるし、人には感謝されるし、自分も成長出来るしと捨てるとこないですね。

 

有名なとこでケネディ大統領なんかは1日1善を本当に実行していたそうです。自分が辛いときほど人に親切にするように心掛けていたそうです。

 

だからとは言いませんが歴史に名を残すほどの人になれたのも納得がいく人柄だと思います。

 

まずは簡単なものから人の手伝いをしていくようにしましょう。それこそ誰かが重い物をもっていたらもってあげるとかちょっと遠くにあるものを取ってあげるとかそんなところからスタートすればいいと思います。

 

 

58日目:議論する

 

 

 

スポンサードリンク

 
HOME