自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

弱い自分を変えるための59日目:人に自分の弱さを打ち明ける

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

えっ!?

 

そんなこといつもやってるって?

 

確かに自信の無い人は自分を卑下しがちですね。ちなみに自分のダメなところじゃないですよ?

 

あくまで自分の弱さです。

 

自分の弱さを人に見せるのは勇気が要ることです。人は自分の気にしている部分はひたすらに隠そうとするものです。

 

じゃないと敵にやられちゃいますからね。もはや本能です。だからしょうがない。

 

それ自体は人の正しい反応ですので別に問題はありません。

 

誰にでも弱さは見せて良いものではありません。ただ自分の大切な人くらいには見せても良いのではないでしょうか。

 

ただ大切な人であっても自分の弱さを見せるのは難しいですよね。だってその弱さを改めて見つめるのは大変辛い作業ですから。

 

傷口に塩を塗りたくる感じですよね。

 

またその弱さを相手が受け入れてくれるかどうかも分かりません。

 

ただ、その弱い自分を誰かに受け入れて貰えた時私はとても救われた気持ちになります。

 

私の場合は、弱い自分はダメでそんなことでは誰からも必要とされないと思っていました。そして私自身が弱い自分を完全に排除しようとしていました。

 

しかし、本当の強さは弱い自分すらひっくるめた先にあるものでした。

 

弱い自分も自分なのです。

 

怖いと思うこと、嫌だと思うこと、辛いと思うこと、それは本当は当たり前のことでした。その当たり前の感情こそが本当に大切なものでした。

 

はたして自分を否定している人が自分を信用してあげられるでしょうか?

 

そんなことは無理に決まってます。

 

どんな自分でも大切にしなくてはいけないのです。ダメなところですら受け入れて愛してあげなくてはいけなかったのです

 

でも、そんな大切なことに自分一人だけでは気づけなかったのです。

 

私の場合大切な友人と妻が私を救ってくれたと思っています。私が強かろうと弱かろうと関係なくそのままの私を必要としてくれる存在、そんな人がいてくれるだけですごく救われています。

 

自分が拒絶していた自分すらそのまま受け入れて貰えてしまったのでもう拒絶する理由がなくなってしまったのです

 

もちろんそんな人間関係を作るためにはそれなりに濃密な時間が必要になるでしょう。私も学生時代の友人とはことあるごとに酒も飲まずに朝まで語り明かしたものですw。将来のこと、夢や、辛かったことなどそれはもういろんなことを話ました。

 

今の自分はそういうありのままの自分を認めてくれた人たちのおかげで出来ていると言っても過言ではありません。

 

結局のところ自信と言うのは他人との繋がりの中でしか生まれません。そしていろんな分野で自分のできることを増やして自信を深めていきます。しかし、もっとも自信を強くする行為と言うのはやはりそのままの自分を受け入れてもらえるということではないかと思っています。

 

60日目:人の夢を応援する

 

 

 

スポンサードリンク

 
HOME