自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

心理学

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

知らないでいるのと知っているのとでは後々差が出てくるポジティブになるための心理学を紹介します。

 

自己肯定感

 

ピグマリオン効果

 

ブロークンウインドウズ現象

 

探索行動

 

単純接触効果

 

非言語コミュニケーション

 

やる気スイッチの見つけ方

 

ブサイクは本当に損か? (ハローゲインロス効果)

 

第一印象の大切さ (初頭効果)

 

 

 

心理学記事一覧

自己肯定感

自己肯定感とは簡単に言えば自分の存在を認めることです。この自己肯定感は一般的に他人への思いやりのある行動や他人を褒めたりすることによって高まるとされています。自分自身が好きではない人などはこの自己肯定感が足りていない場合が多いです。人に親切にすることでこの自己肯定感が高まりますのでできるだけ人には親...

≫続きを読む

 

ピグマリオン効果

ピグマリオン効果とは本来は教育の観点で見た際に教育者が学習者に対して期待を強くした場合にその学習者の成績がその期待に応じて良くなっていくという効果になります。つまり人は期待されると期待された通りの成長を遂げるということです。この性質は自分を変えていくためにどのような効果があるでしょうか?他人が自分に...

≫続きを読む

 

ブロークンウィンドウズ現象

これは結構有名な話ですね。日本では割れ窓理論と言われています。これは一枚割れた窓を放置しておくとその地域の犯罪率が増していくと言う現象のことを言います。この現象はもちろん割れた窓だけに限定される物では無く落書きやごみが捨ててあると言った小さな悪事でも同じ現象が起きます。海外の実験で郵便受けの実験と言...

≫続きを読む

 

探索行動

実はこの情報はほんまでっかTVを見てて得た知識なのですがw探索行動取ると人はやる気を伸ばすことができます。これは人の脳がやる気になるためには何かを探すこと。つまり探索行動をとることが必要だと言います。探索行動は未来を予測するような脳の動きによってやる気が向上するものと思います。また、この探索行動と言...

≫続きを読む

 

心理学:単純接触効果

これは最初は嫌いだったのに何度か会っていくうちに「あれ?こいつ意外といいやつかも?」っと思う現象のことを言っています。他人から好意的にみられるようになりたい場合この単純接触効果を利用するのが最も効果的です。まぁ簡単に言えば何度もその人に会うことです。これはアメリカの実験でも証明されていることなのです...

≫続きを読む

 

心理学:非言語コミュニケーション

無言で相手を肯定して会話を誘導することが可能です。非言語コミュニケーションと言って言葉を介さなてもコミュニケーションが取れるのです。その非言語コミュニケーションによって相手の話の流れをリードすることができます。その非言語コミュニケーションは「相槌」です。よく会話の中で相槌をよくしている人がいます。そ...

≫続きを読む

 

心理学:やる気スイッチの見つけ方

やる気が出ないと誰しも一度は言ったことがあるはずです。最近では塾のCMなどでもやる気スイッチとかって言われてやる気をいかに出すかが重要視されています。確かに何をするにしてもやる気が長続きしないと継続することはできませんので何も成功しないダメな結果だけが残ってしまします。そしてまた自己嫌悪です。では何...

≫続きを読む

 

心理学:ブサイクは本当に損か?(ハローゲイン効果)

正直究極の問題ではあります。私は正直そんなにイケメンではありませんwおっと言い方が悪いですね。イケメンなんて大嫌いです!!イケメンを見るともう嫉妬の嵐ですよね!!イケメンは得ばっかりですから。特に努力しなくても女の子は寄ってくるわ、みんなからチヤホヤされるわでズルいったらありゃしないですよね!!とず...

≫続きを読む

 

心理学:第一印象の大切さ(初頭効果)

前回のブサイクは本当に損か?から引き続き第一印象について考えていきます。今回は初頭効果についてです。人は漠然とした見た目の印象から相手の人物像を作り上げてしまいます。そしてその作りあげられた人物像と言うのは簡単には修正されにくいと言う性質があります。そのことを初頭効果と読んでいます。つまり言い換える...

≫続きを読む

 
スポンサードリンク

 
HOME おすすめ教材