自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

心理学:第一印象の大切さ(初頭効果)

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

前回のブサイクは本当に損か?から引き続き第一印象について考えていきます。

 

今回は初頭効果についてです。

 

人は漠然とした見た目の印象から相手の人物像を作り上げてしまいます。そしてその作りあげられた人物像と言うのは簡単には修正されにくいと言う性質があります。そのことを初頭効果と読んでいます。

 

つまり言い換えると第一印象は一度ついたら修正には多大な努力が必要であると言うことです
逆に解消できたらそれはかなりいい印象になっているかも知れません。

 

そもそもなぜ一度ついてしまった印象を変えづらいのでしょうか?

 

それは人は一度思い込んでしまった場合その自分の中で出来上がった人物像が間違っていないことを確認したがるからなのです。つまり逆の人物像であることを否定する材料を探してしまうのです。

 

例えばAさんはつまらない人だという印象を最初持ったとしたらそれを肯定するための材料探しを始めます。そのためAさんがどんなに面白いことを言ってもあまりそれには意識がいかないのです。逆につまらないことをしている時にはそれがものすごく目につくようになります。そして「ああ、やっぱりAさんは面白いことは言えない人だな」っと思ってしまうのです。

 

海外の実験でも面白い物があります。

 

ある人物の印象をリストにして人に伝えます。リストは二種類あって内容は一緒ですが書いてある順番が違います。

 

リスト1:知的な、勤勉な、強力な、批判的な、頑固な、嫉妬深い人
リスト2:嫉妬深く、頑固で、批判的な、強力な、勤勉な、知的な人

 

このように内容は一緒ですが順番が違うリストを人に見せていくとリスト1の良いことが先に書いてあるリストの時のほうが人物像として好印象を持たれるという結果が出ています。
 
つまり人は最初のイメージでその後の条件を判断してしまうのです。

 

そしてこの実験の結果から分かったことがあります。

 

人に対して好印象を与える一番の条件は暖かい人か冷たい人かと言うことです。暖かい人であると言う印象を付けることが出来た人は総合的に印象が良くなります。

 

つまり第一印象で一番気を付けなくてはいけないことはイケメンであることでもハキハキ喋ることでもなく親しみやすいやさしさを意識することだということがわかります。

 

このサイトの実践編などで「笑顔が大事である」と言っているのはこの温かみの元が笑顔であるからなのです。

 

皆さんもこれから初対面の人へは意識してみてください。

 

 

 

☆関連記事☆
心理学:自己肯定感
心理学:ピグマリオン効果
心理学:ブロークンウィンドウズ現象
心理学:探索行動
心理学:単純接触効果
心理学:非言語コミュニケーション
心理学:やる気スイッチの見つけ方
心理学:ブサイクは本当に損か?

 

 

スポンサードリンク

 
HOME