自信を手に入れて弱い自分を変える

心理学:非言語コミュニケーション

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

無言で相手を肯定して会話を誘導することが可能です

 

非言語コミュニケーションと言って言葉を介さなてもコミュニケーションが取れるのです。その非言語コミュニケーションによって相手の話の流れをリードすることができます。

 

その非言語コミュニケーションは「相槌」です。

 

よく会話の中で相槌をよくしている人がいます。そういう人は一見聞き役のように見えますが本当は話題を発言は少ないですが話題をリードしていることが心理学上わかっています

 

たまにこちらがちょっと引いてしまう位の勢いで相槌を打ってくる人もいますねw

 

アメリカで行われてた実験らしいのですが二人の自分物が会話をしている時に片方の人物がある特定の名詞にだけ相槌を打つと言うというのを続けていくとどうなるかと言う実験です。

 

結果として喋っているほうの人物は相槌を打ってくれるその名詞を多用するような会話の変化が表れたそうです

 

このような実験の結果から会話は話手より聞き手のほうが相槌により流れを決めているということがわかると思います。

 

この結果は当然と言えば当然です。

 

人は誰しも他人から認められたいと言う自己是認欲求があります。そして相槌はただそれだけで相手の話ていることを承認し肯定していることになります。相手はその相槌をして欲しくて相槌してもらえる会話の方向へ流れていってしまうのです。

 

だから会話の流れを制御するには適切な相槌が重要です。

 

逆に別な切り口から見ると相槌を打たない場合は相手を認めないということになりますので相手はあまり楽しくない会話だったと思うのかも知れません。相手との楽しい会話を望むのであれば相槌をちゃんと打ってあげましょう。

 

私も普段会話の中で気を付けることはちゃんと相手の話を聞いて納得してますよと言うアピールをすることです。相槌もそうですし表情などの非言語コミュニケーションでそれを伝えるようにしています。

 

だから私自身は大した面白い話が出来なくても会話は楽しく盛り上がることが出来ています。

 

☆関連記事☆
心理学:自己肯定感
心理学:ピグマリオン効果
心理学:ブロークンウィンドウズ現象
心理学:探索行動
心理学:単純接触効果
心理学:やる気スイッチの見つけ方
心理学:ブサイクは本当に損か?

 

 

スポンサードリンク

 
HOME