自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

まいんどせっと:失敗を糧にする

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

失敗は誰だってしたくありません。

 

私だって失敗はしたくありません。

 

でも人は必ず失敗します。

 

初めてのことをに挑戦する時事前にどんなに準備していたとしても大体抜けている部分や足りない部分、改善したほうが良い部分というのは出てくるはずです。

 

時にそれを人にバカにされ、なじられてもう挑戦する気力すら湧かなくなってしまうこともあるでしょう。こんな思いをするならもう頑張るより無難に過ごしているほうが良いと思ってしまうと思います。

 

でも、それでも変わりたいと願うなら人は歯を食いしばって戦っていかなくてはいけません。

 

失敗するということはそれはあなたが自分を変えるために頑張っている証拠です。成長するための努力をしているからこそ失敗するのです。

 

努力するというのは本来孤独なものです。普通の人は楽な道を平平凡凡と進んでいくものです。あなたはその中で孤独と戦いながら自分を変えていく努力をしていくのです。自分を変えるためには誰かに頼っていてはいけないからです。

 

自分と戦わない人ほど戦っている人をバカにするものです。
そんな人たちのいうことに一喜一憂している暇はありません。

 

成功から学ぶことも多いとは思いますが私は失敗から学ぶことのほうが多いと思っています。挑戦し、その失敗を検証し次回に生かす。

 

多くの偉人達は失敗は成功への近道だというほど失敗することを大切にしていました。

 

成功するためのやってはいけない事例が一つわかったのだからそれはある意味成功なのだという人までいます。人は考え方によって失敗は失敗でなくなるのです

 

つまり失敗すると言うは逆に言えばチャンスとも言えます。

 

自分の足りない部分を見つけそれを改善することで自分が成長することが出来る。
失敗すること自体がダメなのではないのです。

 

失敗した時に自分はなんてダメなやつなんだと思う人がいます。その考え方は間違っているのです。失敗したこと自体が問題ではなく、その失敗から何も学ぼうとしないことが本当にダメなことなのです

 

そしてもっと言えば自分を成長させるうえで失敗を失敗と認識していないことこそが本当の問題点だとも言えます。

 

人は根本的に自分は正しいと思って行動しています。そのため自分の行いに問題があったとしても中々気づくことができません。無意識のうちに問題の行動、思考をしている場合があります。認識していないことを改善するのはとても難しいことです。

 

その状況を改善するためにはやはり周囲からの助言に耳を傾ける必要があると思います。それは上記で述べたような人を批判だけするような人間のことではなく、単純に自分をよくしてあげたいと思っての助言をくれる人たちのことを言っています。

 

もちろんどんな人からでも人は学ぶことが出来ると思いますが批判するタイプの人の言葉は自分に都合のいい人間になるように批判しているだけですのでまともに聞いてはいけません。

 

ちなみにただの批判と助言の見分け方の目安としてはその言葉の具体性を吟味してみるといいと思います。ただの批判はあまり具体的ではないと思います。

 

 

後、最後に同じ失敗を繰り返す人もいると思いますがそれについては「何故同じ失敗を繰り返しているのか」をちゃんと検討してみてください。考え方については27日目:嫌いなことの理由を考えるで何故?(WHY)を繰り返す方法を紹介しています。

 

 

☆関連記事☆
まいんどせっと:時間がないという人
まいんどせっと:やる気を継続する
まいんどせっと:継続するために
まいんどせっと:自己啓発の危険性
まいんどせっと:人に迷惑をかけるということ
まいんどせっと:完璧にやろうとしない
まいんどせっと:結果を比較しない
17日目:自立する
25日目:自分の苦手な場所へ行って見る
27日目:嫌いなことの理由を考えてみる
36日目:挑戦して失敗してみる
39日目:ネガティブなことを言う人から離れる
46日目:自分の欠点を指摘してくれる人を大切にする

 

 

 

スポンサードリンク

 
HOME