自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

自信をつけるための技能編:会話術(質問する) 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

我々小心者の一番の心配事の一つは会話が苦手という所です。

 

 

まぁ、正直会話なんて苦手なままでも自信は付くし、あんまり関係ないと思うのですがちょっと会話のテクニックを知っているだけで苦手意識と言う物もだいぶなくなりますので紹介しましょう。

 

 

まず会話の基本は相手に話をさせることです。

 

 

相手との友好な関係気づく場合相手にいかに気持ちよく話をしてもらうかと言うのがとても大切です。

 

そのため相槌の打ち方なんかもとても重要にはなってきます。

 

 

しかし、それよりも何を話したらいいかわからないと言う状況は確かに不安でしょう。

 

自分から話すのは苦手
相手に話をさせたほうが印象が良い

 

なら答えは一つ!!

 

 

バンバン!質問することです。

 

 

相手は質問されると自分に興味を持ってもらえたと認識するため嬉しくなります。

 

こちらはあまり喋らなくていいから楽です(笑)

 

 

まぁいきなり質問と言われても「何を質問したらいいのさ・・・」となってしまう人もいるかも知れません。

 

ぶっちゃけ、なんでもいいのですが一番いいのは
・相手が興味を持って行ていることに関連すること(何か趣味とかあるんですか?など)
・自分の興味の有る分野に関連すること(ゲームが好きなら 普段ゲームとかするんですか?など)

 

やはりお互いに興味がある事柄についてのほうが話が膨らみやすいですからね。

 

 

ただ、質問だけだとやはり会話が続かない場合があります。

 

相手も喋るのが苦手な場合などです。

 

私としては別に会話が続かないと言うのを極端に恐れる必要は無いと思うのですが相手が嫌がる場合はある程度自分のことを伝えていく必要があります。
こちらが質問したことの答えに関連した自分のことを相手に伝える。

 

そうすると安心するため相手も話やすくなります。

 

100%聞くだけでは「会話」は成り立たないので当たり前と言えば当たり前の話ですね

 

 

恐らくなれないうちは質問する内容にも悩んでしまうと思いますが一番重要なことは一つ

 

 

相手に興味を持つこと

 

 

です。

 

相手に興味をもって相手を理解しようと思う気持ちが会話に繋がります。
心を開いて相手のことを理解することに徹する。

 

それさえあればヘタな知識なんて無くても会話は成り立つと思います。

 

 

<関連記事>

 

 

 

技能編
早起きする方法
身だしなみを整える
掃除の仕方について
散歩を楽しむために
習慣化するための方法
効果的に読書する方法

スポンサードリンク

 
HOME