自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

自信をつけるための技能編:習慣化するための方法

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

まいんどせっとの継続するためになんかでも言っていますが継続するためにはまずしっかりとした目標設定が必要です。

 

最終形のイメージがしっかり固まっていないとどんなに努力しても自分の理想にはたどりつかないからです。

 

その最終形のイメージが固まっていることが前提で具体的に物事を習慣化するための方法を紹介したいと思います。

 

リマインダー機能を活用する

 

最近ではスマホ等でのリマインダー機能がかなり優秀です。

 

所定の時間になったら通知をしてくれるようにしておけば取りあえず忘れることはありません。

 

私の場合は一週間に一回とか必ず通知が来るようにして習慣化したいことを目で見るようにしています。

 

TODOリストなんかもありますのでそういったツールを活用して少なくともやることを忘れないようにすることはできます。

 

 

物理的にやらないといけないようにしておく

仮にリマインダー機能を使っても「めんどくさいな」と思ってしまえばそれまでです。

 

後は物理的にやらざるを得ない状況を作っておくことも一つの手ではないでしょうか。

 

正確にはこの方法は止めた方がいい習慣を止めるための方法です。

 

例えばテレビやゲームを止めたいと思ったら思い切って捨ててしまう。とかです。

 

ダラダラするのを止めたいと思ったらソファーを捨ててしまうとかそういう発想です。

 

 

ベビーステップで始める

当サイトの基本理念である小さな成功体験を積み重ねると言うことです。

 

これは習慣化にも応用が聞きます。

 

習慣化というのは正直面倒なことです。
ある程度に忍耐力がないと続けることはできません。

 

そのため最初は習慣化できないのはむしろ普通なことなのです。

 

しかし忍耐力と言うのは筋肉と同じで鍛えれば鍛えるほど強く成長していきます。

 

例えばダイエット

 

いきなりカロリー制限とかジョギングを初めても大体みんな失敗します。
そのため最初はちょっとの忍耐でクリアできるところから始めます。

 

それは食べた物をメモするとかカロリーを見るだけとか、ジョギングでは無く部屋の中で10回腿上げするとか
そういうハードルを下げるのです。

 

そうしてだんだんと忍耐力に合わせてレベルを挙げて行きます。

 

 

3日坊主を100回やればいい

考え方の問題です。

 

仮に三日坊主で終わってしまったとしても自分が止めてしまったと認識しなければいいのです。

 

「今は気持ちが乗らないからやっていないだけまだ失敗していない」

 

っと子供のような言い訳を堂々と言ってしまえばいいのです。

 

仮に3日坊主だったとしてもそれを10回やれば30日

 

約一ヶ月です。

 

それだけ出来ればすごいと思いませんか?

 

そうやって続けて行くうちに習慣化はなされていくのです。

 

 

<関連記事>
まいんどせっと:やる気を継続する
まいんどせっと:継続するために

 

 

技能編
早起きする方法
身だしなみを整える
掃除の仕方について
会話術(質問する)
散歩を楽しむために
効果的に読書する方法

 

 

 

スポンサードリンク

 
HOME