自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

効果的に読書する方法

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

読書の有用性についてあえて説明する必要はないと思いますがもう一度だけ言っておきましょう。

 

読書と言うのは人と会話することと同じ意味を持っているのです。

 

ただ、情報が欲しいだけならネットで探せばいくらでも出てきます。

 

問題はその「情報の切れ端」を集めてどういう意味かを解釈することが最も大切なのです。

 

ネット上の情報には繋がりがない物が多いですのでその繋がりを意識して書かれているサイトは人気がある訳ですね。

 

それに対して有用なのが本になる訳です。

 

本はその著者が流れや意味をちゃんとまとめて一冊にしたものです。

 

著者の言いたいことがしっかりまとめてられているものだからこそ意味があるのです。

 

 

物事には1〜10と流れがあってその間の5とか8だけ意識してもダメなことが多いのです。

 

 

それを補完する素晴らしい読書ですが読書の仕方にもコツがいります。

 

特に読書習慣の無い人はすぐに飽きてしまうかも知れませんし。

 

 

読書習慣の無い人はまずどうしたらいいか

読書習慣の無い人はまず読書を楽しんだ方がいいでしょう。

 

読書には「知識の習得」と「娯楽」の二つの側面があります。

 

まずは、娯楽として本を読んでみてください。

 

「本を読む」と言う行為そのものになれていかないと続けるのは難しいでしょう。

 

また、本のジャンルも小説、エッセイ、趣味、自己啓発、等などいろいろあります。
自分の興味の持てる本をまず読んでみたらいいと思います。

 

本屋さんへ行ってみて普段見ないようなジャンルの棚も一通り見て回って少しでも興味の有る本があったら読んでみてください。

 

読書習慣のある人とない人ではその後の人生の深みが変わってきますよ

 

 

効果的に読書するには

実用書や自己啓発書などを読んだ際に一番皆さんが気にするのはどういったことでしょう。

 

恐らく読んで忘れないようにしたい

 

と言うことではないでしょうか?

 

しかし、読んで忘れてしまうのは人間の性です。

 

人間は繰り返しインプットすることで記憶を定着させるものですからどうしたって忘れてしまう。

 

翌日には半分くらい忘れてしまうんです。

 

忘れないようにするためには二つの方法があります。

 

繰り返し本を読む

分りやすい方法ですが確実です。
ただ、漠然と読み返しても時間が掛かるだけですので良いと思った分にはチェックを入れていきましょう。
そしてそのチェックの近辺だけを集中して読み返すようにします。

 

そうすると大切な部分を思いだすこともできるし時間も短縮できます。

 

本はドンドン汚すことをお勧めします。

 

 

行動に移す

実際の行動とリンクさせます。
ただのインプットでは忘れてしまいますがこれにアウトプットが連動すると記憶の定着は一気に進みます。

 

つまり読んだ内容はすぐに取り入れて実行に移す癖をつけていくのです。

 

そうすると自然とその行動で記憶することが出来るようになります。

 

「そんなすぐには行動できないよ」と言う人が多いですが何故でしょう?

 

恐らく読んだ内容を完璧にやろうとするからできないのです

 

何も完璧にやる必要なんて全くありません。

 

少しづつでもいいからまずは行動に起こすクセを付けましょう。

 

 

<関連記事>
技能編
早起きする方法
身だしなみを整える
掃除の仕方について
会話術(質問する)
散歩を楽しむために
効果的に読書する方法

 

 

スポンサードリンク

 
HOME