自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

自信をつけるための技能編:人間関係を上手に構築するための方法〜その1基本〜

 

 

人間の悩みのほぼ9割以上が人間関係であると言われています。

 

 

人からどう思われているだろうか?
あいつはなんであんなに嫌なことをしてくるのだろうか?
失敗して人から怒られたらどうしよう

 

 

など人間関係に付随する悩みは尽きないですね。

 

 

 

現時点での私はすでに人間関係なんでどうでもよくなるぐらい自分軸で生きているので
人から何を言われても気にならないし、嫌なことをしてくる人には近づかないし、であまり人間関係には悩まなくなりましたね〜

 

 

 

そんな私ではありますがやはり別に他人と常に喧嘩したいわけでもないし、無用な争いや不満を買いたいわけでもありません。

 

だから対人関係を少しでも円滑に進めていく方法はある程度身に着けています。

 

 

そしてその基本

 

 

笑顔、明るい声、ハッキリ喋る、よく笑う

 

 

これに尽きます

 

 

笑顔

 

笑顔と言うのは相手に対してあなたに対して敵対心をもっていませんというアピールになります。

 

つまり敵対したくない人に対しては基本的に笑顔を向けておきましょう

 

正直これが一番効きます

 

実践編の3日目:笑顔の練習をするでもしっかり説明していますが対人関係のすべてはまず笑顔です。

 

因みに笑い方はニターっじゃダメですよ(笑)

 

(o^―^o)ニコって爽やかに笑うんです

 

 

しっかり練習しましょう。

 

 

 

 

ハッキリと明るい声

 

下向いてぼそぼそ話をしてはダメです。

 

そうすると人はなんか自信なさげに見えます。

 

 

単純に印象が悪いのです。

 

 

明るい声でハッキリと話す人は信用されやすいのです。

 

 

ぼそぼそ喋る人って周りの人からしたら何考えているかよくわからないんですよ

 

実際頭の中では考えがまとまっていなくても良いんです。

 

 

 
取りあえず話している内容が正しいとか、ちゃんとしてるとか、どうでも良いんです

 

 

 

そんなことよりも

 

 

明るい声でハッキリ喋っているかのほうがよっぽど対人関係で印象が良いんです

 

 

よく笑う

 

笑顔と基本的には一緒です。

 

ただ、相手の話に対して声を出して笑うこと。

 

相手の冗談には笑ってあげたらいいのです。

 

少しくらいオーバーでもいいんです

 

 

しっかり笑ってあげましょう。

 

 

そうするとね

 

 

 
相手はメチャクチャ気持ちが良いんです

 

 

 

自分の発言で相手が笑ってくれるってすごく気分が良いんですよ

 

もっとその人と話たいって思うようになります。

 

結果的に自分は大したこと話していなくても相手が話してくれるし、自分の評価はあがります。

 

 

 

ただ笑ってるだけでね

 

 

でも、わざとらし過ぎると逆効果だからそこはちゃんと練習しようね

 

 

 

<関連記事>
一日目:背筋を伸ばす
3日目:笑顔の練習をする
29日目:笑顔で人に話かけてみる

 

 

<技能編>
身だしなみを整える
居眠りをしないための方法
掃除の仕方について
会話術(質問する)
散歩を楽しむために
習慣化するための方法
効果的に読書する方法
人間関係を上手に構築するための方法〜その1基本〜
人を責めたくなった時の対処法

 

よろしければシェア、フォローお願いいたします。

私の活動はブログとTwitterがメインです

スポンサードリンク