自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

自信をつけるための技能編:居眠りをしないための方法

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

早起きする方法と似ていますが居眠りをしないための方法というものもあります。

 

 

早起きするためには質の良い眠りを得る必要があります。

 

そしてそのためにはまず日中の生活とのメリハリが必要です。

 

 

簡単に言うと

 

 

 

昼寝とかしてると夜眠くなりません

 

 

 

日中ダラダラしてると眠くならないですよね

 

当たり前ですね(´∀`*)

 

 

 

休日などは仕方がないとしてもせめて平日の仕事が学校がある時はきちんとしていたほうが何かと有利です。

 

しかし、どうしても日中に居眠りしてしまう人もまた居ます。

 

 

 

 

日中居眠りしてしまう人と言うのはどういう人か?

 

 

 

端的に言うと

 

 

 

暇な人

 

 

 

 

 

 

夜、ちゃんと寝てない人

 

 

です(笑)

 

それで昼寝してまた夜寝れなくなっちゃうっていう負のスパイラル( ´艸`)

 

その負のスパイラルを止めるには日中シャキッとしてるしかない訳ですよ

 

 

 

んで居眠りしない一番簡単な方法は忙しくしていることです。

 

やることいっぱいにして常に動き回っていれば眠気を感じることもありません。

 

 

 

ってそんな当たり前のことを聞きたいわけじゃないですよね(笑)

 

 

寝不足でも眠くならないために私もあることをしています。

 

 

それは

 

 

・・

 

・・・

 

 

朝食と昼食を抜きます

 

 

眠気というのは基本的に本来脳に巡るはずの血流が食事等でほかの内臓などに使われてしまうため起きるものです。

 

 

つまり食べなきゃ眠くなりづらい

 

 

朝と言うのは脳が一番元気な時間です。

 

ここで朝食をとるとまた血流が内臓に向かうため脳のレベルが落ちます。

 

 

そして昼食でさらに食べると脳は完全にやる気をなくします。

 

 

 

 
つまり眠くなる

 

 

 

 

そんな食べないでいたらお腹が減って何もできなくなってしまわないか???って?

 

 

確かに慣れない人がいきなりやると最初はとても大変です。

 

最初は朝食だけとか昼食だけとか食事の量を減らすとかそういう小さなステップを踏んで行ったほうが良いです。

 

どんな時でもベビーステップです。

 

 

しかし、腹が減っているということは軽い飢餓状態です。

 

その状態の脳というのは覚醒状態ですので記憶力も上がりますし集中力もあがります。

 

野生動物は通常常に飢餓状態です。

 

その状態で食料を探して動き回っている訳です。

 

腹が減っているから動けません、集中できません、なんて言ってたら死ぬだけです。

 

むしろ飢餓状態のほうが脳は活性化してよりすごい力を発揮するのです。

 

じゃないと死んじゃうからね

 

生物ってそういう風にできてるんですよ

 

 

 

我々人間もそれと同じです。

 

 

 

私自身も現在食事は夕飯だけです。

 

また、一度食事したら18時間以内に食事はしないと決めています。

 

そうするようになってから日中に眠くなるようなことはほとんどなくなってしまいました。

 

かなり効果てきめんです。

 

 

 

<関連記事>
4日目:いっぱい眠る
18日目:早寝早起きする
53日目:これまでを振り返る

 

<技能編>
身だしなみを整える
掃除の仕方について
会話術(質問する)
散歩を楽しむために
習慣化するための方法
効果的に読書する方法
人間関係を上手に構築するための方法〜その1基本〜
人を責めたくなった時の対処法

 

よろしければシェア、フォローお願いいたします。

私の活動はブログとTwitterがメインです

スポンサードリンク