自信を手に入れて弱い自分を変える

スポンサードリンク

プロフィール

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

まぁ、そんな大した人間ではありませんが自己紹介を。

 

現在、妻子有りの普通のサラリーマン。
属性:オタク

 

今でこそ社会に順応していますが昔は何もできない弱々しい子供でした。

 

実の母親から「あんたは他の子供より5年は成長が遅い」と言われる始末w
実際、ヒドイものだったと自分でも自覚しています。

 

子供の頃から大人になるまであまり成長してなかったような気がしますねw

 

生まれてこのかた痩せていた時期が一度もないデブで勉強もできない、かと言って人と話すのは苦手だったので面白いことも特に言えない。一人では洋服を買いに行くことすら出来なかった(店員さんと話すのが怖かったのと人の目を気にしすぎていました)

 

人間関係でもうまくいかずにウジウジ悩み本当に何でも話せるような友達は成人するぐらいまでいませんでした。

 

私の劣等感が強かった理由として一つ考えられるのが小学校中学校が国立の学校だったことがあるかも知れません。(私はくじ引きで入ったらしいですがw)
私のクラスメートのほとんどは医者の子供とか社長の子供みたいな人が多くて子供の頃から将来を見据えて勉強している優秀な人達が多かったのです。

 

そんな中私は一人ボンヤリしていました。
明確な目標なんて何もないし、勉強する理由すらわからなかった。
すごいリーダシップを発揮する人達の中で私の自信はどんどん小さく弱くなっていきました。

 

でも、そんななかで思いました

 

 

このままでいいのか?

 

 

弱い自分のままで、劣等感に埋もれたままで今後一生生きて行くのだろうか?
弱い自分を変えたくて、でも勇気がなくてなにもできない。
そしてまたその弱さを積み上げてウジウジ悩むのです。
そんな事は許せるはずがないのです。

 

どんな状況においても自分らしく生きるためにはどうしたらいいのかを必死で考えました。
そして人から見たら実に下らない内容だったかもしれませんが色々と実践してみた結果、現在はかなりの自信家に変貌してしまいましたw

 

今は嫁も子供もいる身ですが、嫁からは「なんでそんな自信満々なの?」と言われるほどです。
まぁ、どんな自信も中身がついてこないと意味ないんですけどねw
でも大丈夫です。

 

 

中身のない人間に本当の意味での強さや自信は生まれてきません。

 

 

私は自分自身の弱さを知っているからこそ強くなれたと思っています。

 

このサイトでは私が実践した内容を改めて思い出してまとめた物になります。
一日ごとに課題をクリアしていただく形で進めていただければと考えております。
実際私が行った時の順序とは違いますが今思えばこの順番でやったほうが良かっただろうなという順番にしてあります。

 

スポンサードリンク

 
HOME